リグロースラボについて①:商品ラインナップ。

こんばんは、バールドです。

ミノキシジルの外用薬(塗り薬)としては、フォリックスシリーズがトップランナーだと思っていたのですが、最近、リグロースラボ(RegrowthLabs)なる商品が台頭して来ています。

本連載で、調査してみたいと思います。


・フォリックスシリーズの復習。


フォリックス(Follics)と比較するのがよいでしょう。

現在、フォリックスは上掲画像の全7商品が主力です(ミノキシジル外用薬として、という意味です)。概略は以下の通りです。

フォリックスFR16 ← ポラリスNR10

フォリックスFR15 ← ポラリスNR9

フォリックスFR12 ← ポラリスNR11

フォリックスFR10 ← ポラリスではなし。

フォリックスFR07 ← ポラリスNR08

フォリックスFR05 ← ポラリスNR07

フォリックスFR02 ← ポラリスNR02(シャンプー)

フォリックスシリーズは、ミノキシジル濃度がそのまま名前に現れているのが特徴です。

フォリックスは、ポラリスという人気商品の後継なのですが、またミノキシジル濃度2%はポラリスシリーズではシャンプーとしてしかありませんでした。

ミノキシジル濃度10%開拓といい、フォリックスシリーズの先進性がうかがえますね!


・リグロースラボのラインナップ。


以下がリグロースラボのラインナップになります。

ミノキシジル濃度に統一しているフォリックスに比べ、名前がとっつきにくいですが、慣れてしまえば簡単です。

リグロースラボ M15 = ミノキシジル(M)15%

リグロースラボ M7α = ミノキシジル(M)7%+α

リグロースラボ M5   =   ミノキシジル(M)5%

リグロースラボ 7HP  =  ミノキ7%に馬プラセンタ(Horse Placenta)

リグロースラボ 5HP    =  ミノキ5%に馬プラセンタ(Horse Placenta)

リグロースラボ D5α    =  デュタステリド0.5%+α

リグロースラボ SP2    =  スピロノラクトン(SP)2%

リグロースラボ FIN25 =  フィナステリド0.25%

本連載では、これら8商品について調査してみたいと思います。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m