リグロースラボについて⑨:リグロースラボ D5α

こんばんは、バールドです。

フォリックス(Follics)に取って代わろうとする勢いの新製品、リグロースラボ(RegrowthLabs)について調査しています。

今回はリグロースラボ D5αをご紹介したいと思います。


・リグロースラボ D5α



60ml 3,980円

リグロースラボブランドは、ただのポラリスの廉価版ではなくて、それ独自の路線を打ち出そうとしているのではないか・・・ということが、リグロースラボ7HPあたりから明らかに成って来ました(この記事も参照お願いします)。

この独自路線の延長線上に、このD5αは位置づけられるでしょう。

ズバリ、リグロースラボD5αは、デュタステリドの塗り薬(外用薬)です。

あるようでなかった。

塗るんかいな・・・。


・αの部分は、M7αと同じ。


リグロースラボD5αのD5は、デュタステリド0.5%という意味なのですが、α(アルファ)は何でしょうか。

答えは、ミノキシジルを扱ったリグロースラボM7α(上掲画像)と同じです。

アゼライン酸

トリペプチド-1銅

この2つがD5αのαの部分です。

トリペプチド-1銅はあんまり宣伝されていませんが、D5αにもしっかり含まれています。

ただD5αで、の代わりに宣伝されているのは、トリコゲン(Trichogen)です。これがα成分として注目に値するものと考えられているわけです。

サファイアヘルス社も、αの意味は特定しないのかな?

とりあえず、そんな感じです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m