リグロースラボについて④:リグロースラボ M15

こんばんは、バールドです。

ミノキシジルの外用薬(塗り薬)として、フォリックス(Follics)に取って代わろうとする勢いの新製品、リグロースラボ(RegrowthLabs)について調査しています。

今回からようやく製品紹介です。


・リグロースラボ M15


60ml 3,500円

リグロースラボのラインナップは、この記事でまとめましたが、ミノキシジルで最も高濃度になるのが、このリグロースラボM15です。

リグロースラボのいわばフラグメントシップ(トヨタのクラウンみたいなもの)だと言えます。

同濃度15%のミノキシジル外用薬であるフォリックスFR15よりも、およそ1,500円ほど安価であることも、この記事でまとめました。


・Trichogenトリコゲン?


さて、リグロースラボM15の解説を読んでみると、トリコゲン(Trichogen)というものが配合されていることに目が行きます。

これは何でしょうか。

手っ取り早く言えば、フォリックスシリーズで出て来たプロキャピルの類だと思ってください。

BASF社という薬品会社が、発毛育毛に効果がある、と宣伝して売り出している成分であり、トリコゲン(Trichogen)™はその商品名™です(上掲画像)™。

結論から言ってしまえば脇役™です。

信じるかどうかはアナタ次第・・・といった次元の成分™です。

ミノキシジル+αの成分を試してみたいという方は、あえて、このトリコゲン狙いでリグロースラボM15、選んでみる価値はあるのかも知れませんね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m