NXT TakeOver: Brooklyn IV②終:EC3っていい選手なの?

(「1つ1つ丁寧に名前を出す」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。現地時間(2018年)8月18日、NXT TakeOver: Brooklyn IVが開催されました。

私としては、カイリ選手の王座戴冠、報じることができたので、あとは明日のSummerSlamに備えようかな・・・と思ったんですが、もう1つ報じてほしい、との編集部からのお達しです。

アダムコールリコシェ(リコシェが買ってNXT北米王座戴冠)、

メインのドル箱カードであるチャンパvs.ガルガノ(チャンパが勝って王座保持)、

いずれも興味深いですけど、もうみんな、報じたことある選手なので、ここはEC3を見てみたいと思います。


・出戻り。


この技(ECD?)が、

シナのAA、

レスナーのF5

とどう違うのか。

まったく分からない。

EC3選手。

2010年から2013年までNXTに在籍していたのですが、その時は解雇されてしまった選手のようです。

必殺技は、シナともレスナーとも重なるフェイスバスター(上掲画像)。

主食はプロテイン・・・もちろんホエイで・・・みたいな感じの選手です。


・濃いな~・・・という試合。


三角木馬状態で悶絶する

ベルベッティーンドリーム。

試合は「おれがおれが」のふたりによる濃~い試合、としか言いようがありません。

濃いな~・・・。

(ベルベッティーンドリームが

EC3のパンツを下ろしている。


・顔を童顔にすればマス棚橋になりそう。


バックドロップをしているのは、

棚橋選手でしょうか?

EC3でしょうか?

試合自体は、ベルベッティーンドリームがエプロンサイドへのダイビングエルボーで勝っています。

EC3自体は、もう完成した選手で、いまNXT王者でもおかしくない感じですね。

ベルベッティーンドリームは、微妙なアンダードッグキャラで、観客の心をくすぐり続けています。

さて、EC3選手。

見た感じですが、重そ~な筋肉が、マス棚橋(棚橋弘至選手)にそっくりな感じがしました。

そう言えばマス棚橋も

ケツ出してましたね・・・。

だから、棚橋選手とEC3の試合とか、すごく噛み合いそうですね。

TNA時代、すでに棚橋vs.EC3、やっているのかな?

そんな風に思ったEC3観戦記でした。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m