NXT TakeOver: Brooklyn IV①:カイリ選手が遂に王者に!!

(「バズラーのヒールっぷりが凄い」
画像出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。現地時間(2018年)8月18日、NXT TakeOver: Brooklyn IVが開催され、カイリセイン(KairiSane)選手が、シェイナバズラー(Shayna Baszler)選手のNXT王者に挑戦しました。

早速みてみましょう!!

(以下、画像出典はWWEです。)


・カイリ選手の入場。


舵というかなんというか知らんが、

回ってます。

い~い表情してカイリ選手入場です。

煽りも見ましたけど、カイリ選手とバズラー選手の抗争、去年(2017年)のメイヤングクラシックの頃から続いているので、もっともっと深めても良かったんじゃないか、と思いました。


・シェイナバズラー入場!!


いよいよ昇格か?

かなり長期政権を築いて、NXT女子ディビジョンにヒールの風をたっぷり吹き込んだシェイナバズラー選手の入場です。

ヒールなんだけど、どこか憎めない。

技術力も相当あるので、私は本当、この選手好きですね。

いよいよ昇格すると思います。

Smackdownでロンダラウジー役を務めるんじゃないでしょうか。

たぶん、ペイジのアブソリューションを引き継ぐんじゃないのかなあ。

というわけで

The 4 Horsewomen

の皆さんが来ています。

向かって左から、

マリナシャフィールMarina Shafir ロデリックストロングの奥サン)、

ロンダラウジー

ジェサミンデュークJessamyn Duke)。

シェイナバズラー選手の応援隊です。

大御所観戦で、カイリ選手も緊張。


・確実に噛み合うようになっている・・・!


カイリ選手がロープ使って

ヘッドシザーズできるように、

シェイナバズラーが

迎えに行っている。

あんまりこういう見方しちゃダメなんですけど、かなりこまごまと制作部から段取りを与えられた試合なんだな、というのが見てて分かる試合でした。

ひとつひとつの動きが「予行練習通り」に進んで行くのが分かります。

これはカイリ選手というより、MMAあがりのバズラー選手がプロレスに適応した、としか言いようがありません。

上掲のThe 4 Horsewomenのみなさんも、そこら辺を学習しに来ているのでしょう。

結果として、去年のメイヤングクラシック決勝より、数段プロレスらしい良い試合に成りました。

以下、WrestlingObserverのコメントです。

カイリセインとシェイナバズラーは、間違いなく、去年のメイヤングクラシック決勝以上の試合をしてみせた。

バズラーは負けたが素晴らしかった。

結末もグレートな最高の試合だった。

They told a great story in a match that was arguably better than their previous bout last year in the finals of the Mae Young Classic. Baszler looked strong despite losing. …Great finish to a trememdous match.

カイリ選手の行進のマネをする

バズラー。

う~ん、ここら辺だよね。

いいねー。


・いい試合だった・・・。


最後は予想外の丸め込み!!

いい試合でした。

WrestlingObserverも、これは★4はあげないと。

カイリ選手の門出なんだから。

長さも15分ほどで、見てる方も集中力が切れない、釣り合いの取れたよい試合でした。

最後は、

カイリ選手のダイビングエルボー

→シェイナバズラーが交わして切り札クラッチ

→それを更に交わして丸め込み(上掲画像)

という形でカイリ選手が勝利しました。

この2人は、本当にこの1年で進化してたんですね。

シェイナバズラーはお墨付きで昇格でよいでしょう。

カイリ選手は、これから、どうNXTを引っ張って行くのか、期待大ですね。

おめでとう!!!


・ただひとつ・・・。


ダイビングエルボーの肘を、

バズラーが蹴り返す!!

ただ、最後に気になったのが、カイリ選手が試合後、右ひじを相当痛がっていた、ということです。

これは試合のクライマックスで、カイリ選手のダイビングエルボーをバズラー選手が交わす際、蹴り飛ばした(←なんちゅう・・・)からです。

タイトル奪取後のケガで返還は、フィンバラーがユニバーサル王座を獲った時もそうでしたが、あまりよくないコースなので、ここでカイリ選手、へんなケガをしてほしくないですね。

とりあえず、ゆっくり冷やして、このチャンスを絶対失って欲しくないです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m