ASUKAとリアリプリー(2021/4/5 RAW)

(「速攻つくりあげられたアングル」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

いよいよレッスルマニアです。

今回GoHomeShow(アングル総決算回)だったんですけど、ほんとうにギリギリ滑り込みで、ASUKAとリアリプリーの確執が仕上げられました。

WWEのスタッフは、これから寝ないで煽り動画つくるんでしょうね・・・

(以下、画像出典はWWEです。)


・ASUKAがフォール負け


先週、急遽つくられたタッグマッチ戦。

ASUKA&リアリプリー vs. シェイナバズラー&ナイアジャックス。

シェイナバズラー&ナイアジャックスは現RAW女子タッグ王者です。

結果は、トップ画像のとおり、ASUKAがシェイナバズラーによりフォールされてASUKA組の負けでした。

リアリプリー、RAW初戦だったんですけどね。

やっぱりいいですね。このひと。

173 cmしか(”しか”でもないんですが)ないんですけど、シャーロット(180cmちかくある)くらい大きくみえるんですよ。

顔が小さくて、手足がなっがいんですね。

なのでスター性はフルにあります。

あとはレスリング技術と、自信(初期、ニューフェイスということで観客に気後れしていた)だったんですが・・・

自信の部分は、完全に克服しています。まちがいなく女子王者には一回なるでしょう。

もしかしたら、というか、だいぶ高い確率で、レッスルマニアでASUKAからベルト獲るんじゃないかな。

一応、去年レッスルマニアでのシャーロットに対する敗戦(当時リアリプリーはNXTのトップだった→紫雷イオにバトンタッチした)あったので・・・

・・・たぶん、その伏線回収のサクセスストーリーとして、リアリプリーの王座戴冠は、充分あるとおもいます。

日本のみなさんが心配するのは、その後のASUKAですよね・・・


・ASUKAは大丈夫?


GoogleのAI担当のひとに
言いたいんだけど、

これ、エロ画像じゃないよ。
ASUKAが前歯気にしている、
ってことを

読者さんに伝えたいだけです。
(ASUKA前歯負傷はここから)

試合は、終盤、ASUKAが、いわゆる”無双”でリングを蹴散らす場面があるんですけど・・・

・・・それに嫉妬したリアリプリーが、タッグパートナーのはずのASUKAを襲撃することで試合展開が一変。

虚を衝かれたASUKAが、シェイナバズラーに一気に畳みかけられ敗北しました(トップ画像)。

流れ的に、マイナス→プラス、ということが多いので、楽観的にみれば、レッスルマニアで、ASUKAがリアリプリーに、この仕返しをする、という勧善懲悪結末が、期待されます。

でも、立て続けにリアリプリーにコテンパン、というのもありますので・・・

・・・これがASUKAの最期にならないことを、冷や汗流しながらみましょう。

くわばらくわばら・・・

・・・あ、トザワアキラは知らないです。

ナカムラシンスケも、SmackDownでセザーロに全然からんでませんでした。

とにかく今年は、ASUKAのレッスルマニアです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m