AviUtlの拡張編集の設定(横バー)が消えた時の戻し方。

(これ↑です。画像は出ている時。)

こんばんは、みゅじ子です。

音楽担当として、YouTubeチャンネルを模索していたのですが、結局アメリカにいることの多いヤマガタ君との連携で、別枠でやった方がよいだろうetc.etc…..という風にやっています。


・みんな大好きAviUtl


上掲画像のようにして、

拡張編集設定を出すのがセオリー。

さて、動画作成、YouTubeアップを考え始めた方なら、辿り着くのはAviUtlだと思います。

(AviUtlを知らない方、ゴメンナサイ!別の機会に最初歩からお話させて頂きます!!)

Filmoraのくどい宣伝を交わしながら、AviUtlをインストールし、使用できるようにします。(ワタシはこれに数カ月かかりました。ワタシの記事がないのは、そのためです。)

AviUtlを使えるようになるまでも、そうとう長く険しい道のり(変なおっさんの役に立たない動画とか見てダマされたりする)なのですが、使えるようになっても問題は頻繁に起こります。

その代表が本記事の話、拡張編集機能(横長ツールバー)が表示されなくなる、というトラブルです。

恐らく、本記事をご覧になっている方は、こういった点は既にご存知でしょうから、手っ取り早く説明すると、拡張編集機能(横長ツールバー)とは、それがなければ動画編集の作業ができなくなるメインのパーツです。

通常は上掲画像のように、設定タブ→拡張編集機能で、バーが出ます。

しかし、これでも出ない場合が頻繁に起こります。

事故というやつですね・・・。


・だまってaviutl.iniを・・・。


AviUtlのフォルダ内。

拡張編集機能(横長ツールバー)が出なくなったという事故に遭遇した場合、まずはAviUtlを閉じてください。

そして再びAviUtlのフォルダ(黄色いカバンみたいなもののことです)を開いて、その中のあaviutl.iniというメモ帳を開きましょう。

そんなところ、いじくりたくないですよね・・・。

ワタシも最初はそうでした。

でも何回もやってると慣れて来ます。


・x=0, y=0


このもう少し下にx= , y= がある。

aviutl.iniのメモ帳を開くと上掲画像のようになっています。

更にスクロールダウンして行くと次の項目が現れるはずです。

このx=225とy=728を0にし、

上書き保存して閉じる。

すると、x=225とy=728(値はひとそれぞれでしょう)という項目が出て来ます。

これを両方とも0(ゼロ)にし、上書き保存して閉じてください。

そしてAviUtlを起動(黒いaviutl.exeをクリック)すれば、拡張編集機能(横長ツールバー)が戻ります。

・・・とりあえず、これで解決できると思います。

役に立たなかったらゴメンナサイ!!

本当にブン殴りたくなるんですよね、こういうトラブルって・・・。

疲れた深夜とかに遭遇するとなおさら・・・。

あ、編集長がReviveOldPostFacebook連携の件、進んだこと書けなくてゴメンナサイ、と言ってました。

本サイトも同じ問題で泥沼化しているんですよ。

まあ、毎度のことなので、気長に待つことにしましょう。

できませんけどね・・・。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m