【2020年度版】個人輸入代行業動向⑤:Rogue判定システムつづき

(「レジットスクリプト社内」
この記事から)

こんばんは、バールドです。

レジットスクリプトの悪質業者判定システム、通称(勝手に)Rogue判定システムの調査を再開しようとおもったのですが・・・

・・・前回、検索上限で拒否されてしまった等々・・・で頓挫してしまいました。

でも今回は、別の方法(どんな方法かは想像してください)で、Rogue判定システムに侵入、現行のレジットスクリプトのRogue判定状況をみてきました。


・日本上陸失敗?


レジットスクリプトスクリプトのRogue判定システムですが、レジットスクリプト本社サイトにあります。

レジットスクリプト日本語版サイトにはありません。

本連載第1回目に書きましたが、どうもレジットスクリプトは日本上陸に失敗したんじゃないか・・・

・・・そんな風におもっています。

というか、そうであってくれ。


・オオサカ堂さんへの攻撃は相変わらず


こんなふうに判定がでます。

で、あらためて侵入したレジットスクリプト(本社英語版サイト)で、Rogue判定システムをつかってみましたが・・・

・・・オオサカ堂さんは、あいかわらずRogue(悪質業者)判定されていましたね。

ただ、注意してもらいたいのですが、この判定は、利益追求型私企業の主観的判定だ、ということです(くわしくはこの記事)。

レジットスクリプトは、やたら政府組織だ、みたいなこと自称していますが、この点については確証がありません(詳しくはこの記事)。

オオサカ堂さんは、レジットスクリプトの判定(にあたるもの)を否定しています(この記事)。

私は当然、オオサカ堂さんつかっています。

ベルトリドをずっと買わせてもらっています。


・オオサカ堂さん系列は全滅


系列店は全部Rogue(なんだって)。

たぶんレジットスクリプトが一番打撃を与えているのが、クレジットカード決済妨害で・・・これのため、個人輸入代行業愛好家さんたちは、困っているのです(この記事)。

その観点からすると、オオサカ堂さん(だけではないんですが)は、レジットスクリプトに、こてんぱんにやられています。

オオサカ堂さんの系列店・・・

⓪ オオサカ堂

① オランダ屋

② 彩香

③ JISA

④ アイエスティ

全部きれ~にRogue判定されていることが、今回の調査でわかりました。

ただ、最後にいっておきますが、この判定は、お店の性格にはまったく関係ないですからね。

ただひとつ、クレジットカードをつかえない圧力がレジットスクリプト発でかけられている、という1点に、このRogue判定は効いているわけです。

Rogue判定 = クレジットカード決済妨害

・・・とだけ理解してください。

オオサカ堂さん系列のお店を利用することは、まったく問題ありません。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m