【2020年度版】個人輸入代行業動向①:はじめに

こんにちは、バールドです。

ネットでお買い物するとき、クレジット決済は必要不可欠ですよね。

しかし、レジットスクリプトの介入により、個人輸入代行業でのクレジット決済は、おおきく妨げられています。

しかしJCBのような国内ブランドを中心に、クレジット決済が認められているところも少なくないので、以前、おおまかな調査をしました。

2019年のことです。

年が変わって、2020年、状況は変わったのか、調べてみたいとおもいます。

・・・あ、先に行ってしまいますが、予想としては、変わりはない、とおもいます。

なので、2019年度バージョンの情報でも大丈夫だとおもいます。


・レジットスクリプトの動向


レジットスクリプト日本版の顔ともいえる
Hiromi氏。
About Hiromiにはなにもリンクが貼っていない。

ともあれ、今回は、レジットスクリプトについて、その後の動向をみておきましょう。

レジットスクリプトには、日本語版と英語版があります。

レジットスクリプト日本語版

レジットスクリプト英語版

日本語版の方は、上掲画像のHiromiさんひとり体制という印象がつよいのですが、現在、ほとんど業務進展はみられていません。

英語版のほう、ようするに本家は、まだ活動中です。

この記事でみたように、かなりデカいオフィスで儲かっているみたいです。


・まだやっている


検閲しているサイト数が
以前は537,722だったが、
現在は4,243,002に跳ね上がっている。

さて、レジットスクリプトで懸念されることは、アドレスいれるとrogue(悪質)とかでる、あのシステムですね。

今回、個人輸入代行業さんそれぞれを再調査するなかで、このレジットスクリプトのシステムが、どう判定しているか、も興味本位でみてみたいとおもいます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m