ASUKAが防衛(2020/6/14 BackLash)

(「この笑顔はヒールではない」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

現地時間2020/6/14日曜日、WWEのPPV、BackLashが、ちょっとだけ観客入れてパフォーマンスセンターで開催されました。

関係ないですけれども、新日本プロレスも、ようやく活動再開したみたいで、日本でもすこしずつ、プロレスファンが戻って来ているみたいですね。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ASUKA vs. ナイアジャックス


前もこんな感じで攻めていた。

ASUKAは、このつづきで、ナイアジャックス戦です。

どうつづきかというと、シャーロットとの試合、ナイアジャックスの介入で、ASUKA負けたんですよね。

そのつづきです。

頭部負傷のカイリセインのお供は、今回も、ありませんでした。

で、試合時間は10分ない短いものでしたが・・・

・・・やっぱりASUKAの技術力が高く・・・

・・・でもナイアジャックスには効かない、という試合でした。

前の試合も、そんな展開でした。


・場外10カウント


ロープ際でASUKAが、
鈴木みのるのやるような、
逆さ重力式腕十字みたいのを仕掛けるが、
両者、場外に転落。
→そのまま10カウント。

試合は、10カウントアウトで、引き分け、ASUKA防衛というものでした(上掲画像)。

ASUKA防衛まで、どうだったかわかりませんが、この結末は、直前に決められたものだそうです↓

参考:Rumor Roundup (June 16, 2020): Edge injury, Backlash change, Ryker heat, more!

んで、翌日(2020/6/15)、RAWで再戦が行われたみたいですね・・・

・・・それもASUKAが防衛したみたいです(機会があったら明日にでも記事化します)。

さりげなく、中心に返り咲いたASUKAですが、一体もとめられている役割はなにか。

てっきりNXTへの出戻りだとおもっていたんですけれども、ベッキーリンチ妊娠で、一気に情勢変わって来ましたね。

しばらく追い続けたいとおもいます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m