【デュタステリド詳説7】結論:どのクスリが良い?

こんばんは、バールドです。デュタステリド含有のジェネリック医薬品をご紹介しています。以下に見るとおり、本連載では、ここまで7つのデュタステリド含有薬をご紹介して来ました。

7種類もあるおクスリ。

果たして、どれを選ぶべきなのでしょうか。ズバリ、1錠あたりの値段から決定したいと思います。

連載最終回です(計算は、2017年9月のデータを元に行っています)。


1.ザガーロカプセル(ZAGALLO Capsules)


ザガーロカプセルは、連載第3回目でご説明した通り、処方薬なので、診療とセットと成り個人では購入できません。

従って、今回のお話しでは惜しいですが除外したいと思います。


2.アボダート(AVODART)


連載第3回でご紹介しました。

デュタステリド含有薬のパイオニア、グラクソスミスクライン社の製品ですが、そのためかお高めです。1錠あたりの計算結果は次のように成りました。

最安値3箱90錠8,475円 → 1錠94.16円。(最下位6位!)


3.デュタボルブ(DUTAVOLVE)



連載第4回目でご紹介しました。

最安値3箱90錠4,742円 → 1錠あたり約52.68円。(安値4位!)


4.ベルトリド(VELTRIDE)


連載第5回目でご紹介しました。

計算結果を見るとおり、これが本連載でのおススメのおクスリと成ります。

最安値3箱300錠10,568円 → 1錠あたり約35.22円。(最安値1位!)

単純におススメの理由は値段なのですが、そればかりでなく、私バールドがもう2年近く使っている、という経験にも基づいています。効果としては、やはりフィナステリドよりも抜け毛の防御効果は強いという印象です。

3箱300錠も一度に買って使用期限は大丈夫なのか?」という素朴な疑問をお持ちかも知れませんが、その点は個人輸入代行業さんのほうも予測済みで、そうならない(使用期限切れにならない)商品を送ってくれます。ご安心ください。


5.デュタス(Dutas)



これも連載第5回目でご紹介しました。

最安値1箱(のみ販売)300錠12,952円。 → 1錠あたり約43.17円。(安値2位!)


6.デュプロスト(DUPROST)



連載第6回目でご紹介しました。

最安値3箱300錠13,564円 → 1錠45.21円。(安値3位!)


7.デュタプロス(DUTAPROS)



連載第6回目でご紹介しました。

最安値3箱90錠5,195円 → 64.38円。(安値5位!)


・まとめ


というわけで、ベルトリドが最安値でした。

ベルトリドについては連載第5回目で書いてますので、もしお時間あったらご覧ください。

アボダートはやはり、元々のクスリで特許を取っていたグラクソ・スミククライン社(GlaxoSmithKline、略称GSK)製だけあって高いですね。

結局「ベルトリドで行く」というのが、本連載の結論です。

実際、私バールドもベルトリドを使っています。3箱300錠ともなると、使用期限について不安に成られるかもしれませんが、個人輸入代行さんのほうで、きちんと調節して送ってくれますので、その点はご安心ください。

・・・・・・

では、これを読んでくださった皆さんのフサフサの未来を願いつつ、本連載を終えたいと思います。

最後までお付き合い、本当にありがとうございました。m(_ _)m