モジョローリーが加入(2020/6/5 SmackDown)

(「サミゼインは何処へ」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

なかなか中央戦線に復帰できないナカムラシンスケ・・・。

いま、SmackDownの王者(ユニバーサル)は、ブラウンストローマンなんですが、ミズたちとジャレあっています。

たぶん、ブレイワイアットとの抗争が中心になるんじゃないでしょうか。

ナカムラシンスケは、せめてインターコンチネンタル王座戦線に絡みたいところですが・・・

早々にトーナメント敗退し、またミッドカード専門家になっています。

以前ASUKAはイチローレベルになった、と瞬間風速的に書いてしまいましたが・・・

ASUKA=松井秀喜

ナカムラシンスケ=松坂大輔

・・・みたいな感じの活躍っぷりだとおもいます(メジャーリーガーでいうと)。

松坂って、メジャーリーグで、なにしてたんですか?

よく知りませんが、たぶん、そんな感じです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・6-MANタッグマッチ


向かって左から・・・
コフィキングストン、
ShoryG、
ナカムラシンスケ、
BigE、
セザーロ、
モジョローリー。

今回、ナカムラシンスケは、新加入のモジョローリー、そして相棒セザーロとともに・・・

TheNewDayのふたり(コフィキングストン&ビッグE)+ShortyG組と対戦しました。

この試合をやる意義ですが、TheNewDayが現在SD王者なので、その戦線に絡めるかってところでしょうね。

試合は、まあ活気あって、みるぶんには面白かったです。

モジョローリーは、なんかコルトカバナを若くしたような選手。

日本人とも親交深いです。

いい選手ですけれども、ずっとMainEvent要員でした。

当然、大量解雇の候補だったにちがいないですけれども、今年のレッスルマニアで司会を果たしたこともあって、首の皮一枚つながったんでしょうね。

本人もギリギリの日々が続いています。


・TheNewDayチームが勝った。


コフィキングストンが、
モジョローリーをフォール。

試合は、ShortyG(もとチャドゲイブル)のショーといった感じでした。

べつのところで外人と話すと、どうも、このShortyGという選手、外人が感情移入しやすいキャラのようで・・・

・・・人気商売としてのWWEも、そこに目を付けているんだとおもいます。

そんなわけで、ShortyGが、大活躍し(最後もナカムラシンスケとセザーロをカットしているー上掲画像)・・・

・・・チャンピオン(SDタッグ王者のTheNewDay)チームが勝ちました。

う~ん、ナカムラシンスケ、居場所ないですね。

このままミッドカード要員として終わるのか。

個人的には、ギミックチェンジの機会が与えられるのを待っています。

新日本プロレスが商標登録したみたいですけれども、ストロングスタイルギミックで、最後がんばってほしい。

ストロンゲストスタイルとか、そういうのWWE得意じゃん。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m