MainEventを知っていますか?

(出典:WWE)

WWEネットワークに加入すると、レッスルマニアに代表されるようなPPVはもちろん、NXTや205Liveが、非常に心地よいHD画像で見られます。

過去の試合も見れて、これも面白いです。

でも、ひとつだけ、見慣れない番組がやたら目につきます。それがMainEventです。

今回は、このWWEの出島というか飛び地というか隙間産業というか、そんなMainEventについて書いてみたいと思います。

実は、こういう何の変哲もないネタが、一番書きにくかったりします。

(以下、画像出典はWWEです。)


・メインイベントではない。


左:ヴィックジョセフ

右:パーシーワトソン

205Liveのアナウンサー陣。

MainEventは、メインイベントではありません。

語弊がありますが、MainEventは、メインイベントに登場しない、それどころか、RAWやSmackdownのメインロースターに成り切れなかった選手が出るところです。

厳密には、RAWの「公式Bショー」というのがMainEventの位置づけで、収録はRAWの前に行われているようです。いわばRAWの前座ですね。

① RAWのBショー = MainEvent(前座)

② SmackdownのBショー = 205Live(後座)

といったところでしょうか。出演している選手には、まったく失礼千万なたとえ、ごめんなさい。

MainEventアナウンサー人は、上掲画像にあるとおり、205Liveのアナウンサー人をそのまま受け継いでいます。ナイジェルマクギネスもやってます。


・ミッドカードからアンダー(ロー)カードの選手が出場する。


”ミスターミッドカード”

ドルフジグラー。

でも、MainEventには出ない。

(画像はBacklash中邑選手デビュー戦。)

放送時間は決してRAWの前というわけではありません。

1時間枠ですが、録画終了後、思い出されたようにWWEネットワーク(※)にアップされます。

(※WWEネットワークとは、WWEの有料YouTubeみたいなものです。よく「WWEの番組全体」と勘違いされるのですが、そうではありません。WWEの放送システムについては、この記事この記事をご覧になってください。)

アップされるのは、1週間後かも知れませんし、2週間後かも知れません。

オフィシャル”Bショー”なので、本当にそのクラスの選手が登場します。

例1)ヒーススレーター&ライノ

例2)カートホーキンス

例3)ザ・リバイバル(ダッシュワイルダー&スコットドーソン)

「あ~!ここでやってたの!!」という感じのひとたちですね。(ライノなんかNXT出ていたころ凄かったんですけどね・・・どうしたんでしょうか。)

そして残念ながら、

例4)カールアンダーソン&ルークギャローズ

も、常連です。

ブリーザンゴ(タイラーブリーズ&ファンダンゴ)とかも、片足突っ込んでいる感じではないでしょうか。


・じつは205Liveに喰われて来ている。


MainEvent出演中の

ヒデオ&トザワ。

すっかりRAWの窓際族の出演場所となってしまったMainEventですが、追い打ちをかけるように205Liveからの侵略を受けています。

RAW目的に集まった一般客への「良い宣伝場所!」とばかりに、205Liveの面々が最近、多数出演しているのです。

しかし、MainEventは何のストーリー展開も起こらない場所なので、見ていて、はなはだつまらないのは変わりがありません。

この枠(RAW前の1時間枠)、もっと他の活用の仕方があると思うんですけどね・・・。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m