タッグ王座奪取ならず(2020/7/13 RAW)

(「現在のカイリセイン」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

先週、電撃復活をとげたカイリセインですが、そのつづきで、ひさびさにカブキウォーリアーズとして・・・

サシャバンクス&ベイリーのタッグ王座に挑戦しました。

ちなみに女子タッグ王座は、RAWとSmackDown共有みたいですね。

WWE.comのホームページ選手名鑑で、ベルトもってるところをチェックしてみてください。

・・・トザワは、24/7王座ちょこっとだけ持ったんじゃなかったですっけ。

まあいいや。(←おい)

(以下、画像出典はWWEです。)


・どんな試合だった?


ようやく薄毛対策をはじめた
サシャバンクス。
ニット帽かとおもったけれども、
バンダナみたいの使って、
髪浮かせているみたい。
カネあるんだから植毛でもなんでも
すりゃいいのに・・・。
だいたい、WWEの女子の胸なんて、
みんなシリコン入れてんだから、
セクシーさのかけらもない・・・。
だから、あんなエスキモーの家みたいな(もういいよ)

試合ですが、そうですね、カブキウォーリアーズは、ベイリー&サシャバンクスがぴったりです。

以前、でかいシャーロットとハンディキャップマッチとか、してたじゃないですか。

ナイアジャックスとか、シャーロットとか、あのレベルの選手になると、どうしてもカブキウォーリアーズは弱いんですよ。

だから、程よく、ベイリー&サシャバンクスでよいとおもいます。


・負けた。


The Bank Statement!!

今回は、けっこうカイリセインの見せ場があって、強いカイリが戻って来た!みたいなコンセプトの試合でした。

ただ、インセインエルボーを決めたとこまではよかったんですけれども・・・

最後、図に乗ってスライディングD(行進なし)をしようとしたところ・・・

・・・サシャバンクスに交わされ、サブミッションでタップアウトでした(上掲画像)。

・・・まあ、個人的には、メイン女子戦は、もういいんで、男子のソリッドなマッチみせてくれ、という感じです。

RAW男子って、ドリューマッキンタイア、ランディオートン、エッジ(ケガ)ですかね。

そこらへん、しっかりバキバキやってほしいです。

そんな風におもいました。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m