AEWやばいのでは?(2020/4/15 Dynamite)

(「ランスアーチャーでけ~・・・」
出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

コロナウイルス下での、もりあがらないガラガラプロレス・・・。

じつはWednesday Night Warsで、この2週間、NXTが連勝しています。

2020/4/08
NXT 693,000 vs.  AEW 692,000

2020/4/15
NXT 692,000 vs.  AEW 683,000

ほとんど差ないじゃん・・・と言われたら、そこまでなんですが・・・。

統計的には、NXTは定位置で、AEWが降りて来た・・・という感じです。

(以下、画像出典はAEWです。)


・どんな放送やってんの?


観客は、いる。
というか、スタッフか?
全員で10人未満くらい。

・・・で、NXTの方は、なんとなく想像つくので(この記事など)・・・

AEWなにをやらかしているんだ?とおもって見てみました。

感想ですが、ぜんぜん悪くないですよ。

以前の大きな会場で、ガラーんではなく(この記事)・・・

なんかライブハウスみたいな雰囲気です。

ちょうど、むかしの内輪ネタで盛り上がっていたバラエティー番組みたいな雰囲気ですね。


・ランスアーチャーvs.コルトカバナ


これ、やってます。
TNT初代王者トーナメント。
・・・ど~~しても、
使いまわしになってしまう。

収録の雰囲気が悪くないのに、数字稼げてない・・・ってのは、原因は内容ですね。

ズバリ、上掲画像のようなことやってます。

どうでしょう。

食指動きますか?

今回私がみたのは、新日本プロレスでもおなじみ、コルトカバナvs.ランスアーチャーでした。

もう先に感想、言っちゃいますね。

こんなことするくらいなら、新日本プロレスとROHの合同興行みていたほうが500倍マシです。

G1 Supercardやってたころは、夢があったな~~~・・・


・ランスアーチャーが2回戦進出


Blackout!!
なんか高さを活かした
変則的なパワーボムみたいな技。

コルトカバナも、ランスアーチャーも、アスリートとしては、すばらしいです。

でも、昨日解雇されたルセフもそうですが、オーラ失ったらおしまいなんですよね・・・

・・・プロレスって。

オーラというかキャラもっていれば、アイコニクスでもチャンプになれるんです。

その点、ランスアーチャーなんて、めちゃくちゃ強いんですけど、地味なんですよね。

ちょうどハングマンペイジのような地味さです。

AEWは、そんなヤツらの集団なんで、ちょっと気をぬくと、その地味さ、インディーさ、WWE解雇集団・・・

・・・みたいな負のオーラが、どわっと出るんです。

いま、かろうじて、ジョンモクスリーとジェリコの華やかさでもっていますけれども・・・

・・・もうケニーオメガを、完全に並みのレスラーで、誰コイツ?みたいな次元に落したのは、AEW最大の罪でしょう。

もうとっとと解体して、新日本プロレスの海外進出に代わってほしいんですが・・・

カーンさん家の資金力があるので、Xbox(マイクロソフトのゲーム機)みたいにダラダラつづくのでしょう(←オマエそれ好きだな)・・・

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m