蘇生アングルに変えられるか。

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

前回お伝えした通り、アスカがどんでん返しで、レッスルマニア王座戦を剥奪されました。


・じつはチャンスだったりする。


Cagesideseatsなどを見ると大炎上状態で、ネット上でも、フェイタル4WAY急遽中止→シャーロット戴冠は、大きな話題になっています。

・・・ただ、これ、かなりアスカにとってチャンスに見えるのも確かです。

コーフィの件もそうでしたが、こういうの、アメリカ人が味方になってくれる典型的なパターンなんですよ。

ただ、デイブメルツァーも報告している通り、今回のアスカ王座剥奪は、制作部がストーリライン上、急遽作り上げたもので、アスカに応援がゆくところまで考えていないようです(Cagesideseatsのこの記事)。

それに対し、コーフィの件は、制作部が意図的にコーフィに応援がゆくように考えたものです。

そこに違いはあります。

アスカに露出のチャンスがあれば、コーフィ的な風が吹くと思うのですが・・・うまくいくでしょうか。

アスカのTwitterは前回お伝えした通りover(おわっちまった)でストップしています。

ここにトザワやナカムラシンスケが絡まなきゃなんですけど・・・ほんっっっと、下手だなあ、と思います。

お上の決定に逆らわない日本人気質まるだしなんですよね。

WWEはイレギュラーを求めているというのに。


・4人はどう思っているの?


ところで、フェイタル4WAYを急遽中止された4選手はどう思っているのでしょうか。

拾ってみましょう。

まずはソニヤデビル(Sonya Deville)から。

ソニヤデビル「私は忍耐強く、短気でもない。」
「でもキレたら、なにするか分からないよ。」

・・・というわけで素で怒っています。

会場来ていたんでしょうね・・・。

次、ナオミ(Naomi)さん。

ナオミ「うへえ・・・」

もうちょっと何か話せや。

次、カメーラ(カーメラ)さん。

客「今日、カメーラ見に会場来たんだけど・・・」

カメーラ「私もよ。」

う~ん、クール。

最後、マンディローズ(Mandy Rose)さん。

マンディローズ「ぶっこむ先(シャーロットのこと)
違うんじゃない?」

・・・というわけでした。

マンディローズのツイッターは初めてみたんですけど、あのひと、ぜんぜん美女系(かつてのエマリーナ系)で売り込むつもりないんですね。

むっちゃサンドバック蹴っててびっくりしました。

ぜひご覧になってください。

ああ、疲れた。

今日はここまでにします。

とりあえず、アスカ、いまターニングポイントですね。

数分でいいからセグメントもらえれば、観客沸かせられるはずです。

それがもらえるか!?

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m