二冠同時戴冠か(2020/8/14 SmackDown)

(「今日決定したのはベイリー戦」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

ASUKAがサシャバンクスにベルト落としたのは、ASUKA大プッシュの伏線だったかもしれませんね。

(以下、画像出典はWWEです。)


・女子バトルロイヤル


タミーナ(上掲画像)、
ビアンカベレア(上掲画像)、
レイシ―エバンスなど、
実力者が多数参加していた。

なんでそうなったのかわかりませんが(視聴率対策でしょうね)・・・

今回、3ブランド(RAW, SmackDown, NXT)のバトルロイヤルが行われました。

まあ、参加者全員総ざらいする必要はないでしょう。

時間自体は身近かったんですけれども(20分以内?)、やっつけ仕事みたいな、ごった煮ではなく・・・

上掲画像のような実力者も多数出ていました。

レイシ―エバンスは、ほんとう、プッシュに応えられなかったね・・・

一時期、シャーロット、ベッキーリンチ、そしてレイシ―エバンスなんてウワサされた頃もあったんですが・・・


・ASUKAが勝った


シェイナバズラーに
切り札クラッチされているところを、
背負い投げのような形で落とした。

最後は、シェイナバズラー vs. ASUKAの一騎打ちになりました。

このふたりが・・・成熟すれば、WWEの女子もかなり変わってくるんでしょうが・・・

構図としては、ASUKAがシェイナバズラーの成長を待っている、という感じです。

とにかくシェイナバズラーの動きは、もったりしています。

攻撃自体は重いんだ、みたいなことを他のメディアでチラホラみますが・・・

・・・そんなシェイナバズラーを、最後はASUKAがオーバーザトップ―ロープで消去し、ベイリーのSD女子王座挑戦権を獲得しました(上掲画像)

ちなみに、このバトルロイヤルは、べつにオーバーザトップロープでなくても場外に足がついたら、ダメみたい。

なんかASUKAが、高みの見物をしているベイリー&サシャバンクスを足で踏んづけて、場外転落を免れた・・・・みたいな場面もありました。

いずれにせよ、これでASUKAはサマースラム、2連戦です。

以前獲得したサシャバンクスのRAW女子王座挑戦権。

今回獲得したベイリーのSD王座挑戦権。

・・・けっこうサマースラムで、両方とも戴冠するアングルは、あるとおもいます。

・・・それで、シャーロットが満を持して復活なのかな?

でも、あのふたり(ASUKA vs.シャーロット)、身長差あるから噛み合わないよ・・・?

どうするんでしょうかね。

なんか、なんかがほしい、その後のアングルです。

紫雷イオは、もうちょっとNXTで絶対王者として成熟させて、アメリカのお客さんに、このひとはすごいんだよ!っていうのを教えてから、昇格でしょうね。

とにかく、このようなわけでASUKAは、サマースラム、大回転です。

楽しみにして待ちましょう。

しっかし、怪我しねーなー、この姉ちゃん。

どんなケアしてんだ?

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m