女性と薄毛③:女性ホルモンと乳がん。

ベストケンコーのツゲイン2(ミノキシジル2%)
女性に最適のミノキシジル濃度

こんばんは、ケン娘です。

女性の薄毛について考えています。


・女性ホルモンの摂取のまえに!



前回、女性の薄毛は、更年期に向けての女性ホルモン減少が原因ではないか・・・というところまでお話をしました。

では、上掲画像のようなおクスリによって、女性ホルモンを外部から摂取すれば解決、となるのでしょうか。

その解決を考える前に、十分注意しなければならないことがあります。

それは、女性ホルモンは乳がんの原因になる、ということです。


・女性ホルモンは乳がんの原因になる。


東北大学の笹野公伸先生は、こうおっしゃっています。

乳癌は本邦女性が罹患する癌の中でもっとも多い病型になってきております。
又乳癌の多くはエストロゲンを中心とします女性ホルモンに依存する癌である
事も良く知られてます。すなわち正常の乳腺の細胞から癌細胞になる過程で女
性ホルモンが大きな役割を果たすばかりではなく、乳癌患者さんの7−8割では女性ホルモンによって癌細胞の増殖が亢進したり、浸潤/転移が生じやすくなります。いわば乳癌細胞の多くは我々の身体の中で生存していくのにエストロゲン等の女性ホルモンが欠かせない存在となっている訳です。

すこしむずかしい言い回しになっていますが、ズバリ、まさに私達が解決策としようとしていた女性ホルモンを摂取することは、乳がん発生の確率を高めるのだ、とおっしゃっています。

・・・では、どうすればよいのでしょうか。

次回、女性ホルモンに類似しているイソフラボンの話などに、話を進めてみたいと思います。

本連載、文章は短いですけれども、決定稿にするのに調査時間が非常にかかっている、という風にご理解いただければ幸いです。

重要なお話ですので慎重に書かなければ、と思っています。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m