Superstar Shake-up 1日目(2019/4/15 RAW)。

(「去年の画像」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

WWE春の風物詩SupestarShake-upの時期がやってまいりました。

以下、見所をまとめて行きたいと思います。

ちなみに・・・

去年(2018年)アスカ、ナカムラが輝いていた頃のSuperstarShake-up・・・

RAWは、こちら

Smackdownは、こちら

(以下、画像出典はWWEです。)


見所1.アスカとカイリセインのタッグに期待が高まる!


この悪夢から解放
(ラップっぽく)

まず、ナオミがRAWに移籍しました。

これにより、Smackdownでアスカが、フリーになります。

そこにカイリセインが接続する・・・というのが予想されます。

そしてちょうどいい感じで、レッスルマニア35で、Smackdownのアイコニクスに女子タッグ王座ベルトが移動しましたので(本サイトでは扱っていません)、かなりアスカとカイリセインの共闘、NXTアングルも含め、現実味を帯びて来ました。


見所2.ナカムラシンスケはルセフと一緒。


イングリッシュいれて
3人でユニットやればいいのに。

今回(2019/4/15)で結局、というか当たり前なんですが、パッとしないナカムラシンスケとアスカにRAW移籍のお呼びはかかりませんでした。

ただ、アスカは疫病神ナオミと離れたからいいですが、ナカムラシンスケは相方のルセフとともにお呼びがかかりませんでした。

ということは、ナカムラシンスケとルセフのタッグは続くみたいですね。

エイデンイングリッシュ(上掲画像)が加わって、アクの強い2人を薄めてくれればよいのに・・・と思っています。

まだ205Liveの解説者やっての?エイデン・・・。


追記:ナカムラシンスケはWWE残留。


ちなみに、ナカムラシンスケのWWE残留は、ほぼメディア間で暗黙の了解になっています。

デイブメルツァーが次のように興味なさそうにツイートで答えています。

見知らぬ人:親愛なるデイブメルツァーさま。ナカムラシンスケとWWEの契約は、どうなっているのでしょうか?

でいぶ:のこるよ。

ー@davemeltzerWON have you heard anything about whether Nakamura is leaving or re-signing?

ーStaying

参考:Staying or leaving? Update on Shinsuke Nakamura’s status with WWE

参考:Rumor Roundup (April 16, 2019): Sasha status, Ronda leaving, Joe & Nakamura updates, more!

Cagesideseatsリンク間違えてんだよね。

図書券くれないんなら教えてやんねーよ。


見所3.セドリックアレクサンダーが昇格。


まじ!?
マジで!!??
オレでいいんすか?
ホントに!!??

あと、注目に値するのは、205Liveからの2人目の昇格者として、セドリックアレクサンダーが出たことでしょうね(1人目はムスタファアリ)。

これは205Liveロースターのモチベーションを高めるのに非常に重要な人事だとおもいます。

次はバディマーフィだろうね。

ただ、それまでにバディマーフィに匹敵する205Liveの芯を作らなきゃなんですが、現王者トニーニースは、まだ弱い。

ノアムダーあたりのキャラを育てるべきでしょう。

あるいは、カラダの大きくない東洋人系の人材積極的に受け入れて、205Live独自の雰囲気醸し出してもいいとおもう。

ヒデオイタミへの嫌がらせかとおもうくらいにNOAHから引き抜いてもいいだろうし。

中嶋勝彦とか、ハクつけるために1年くらい、帰るの前提で、205Live行ってもいいと思います。

そうすれば帰ってきた時、NOAHも突貫工事じゃなく、今度こそ中嶋勝彦にトップ任せられるんじゃないかなあ。


リスト。


ダラダラ話してすみません。

そうですよね。概観だせ、って感じですよね。

以下のとおりです(RAWに今回昇格した人達)。

ミズ。

アンドラデ(シエンアルマス)。

リコシェ。

アリスターブラック。

バイキングエクスペリエンス(元ウォーライダーズ)。

レイミステリオ。

ジ・ウーソーズ。

ナオミ。

ゼリーナベガ。

エリックヤング。

EC3。

セドリックアレクサンダー。

レーシーエバンス。

AJスタイルズ。

AJは早速、セスロリンズとロマンレインズと組んでタッグ戦やりました。

いや、でも、対角線でしょう。

AJvs.レインズがWWEの狙いだろうね。

・・・ますますナカムラシンスケから遠ざかるAJ。

これほどわかりやすくWWEで成功するのも珍しいですね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m