ナカムラシンスケひさびさ(2020/12/4 SmackDown)

(向かって・・・
左:ダニエルブライアン, ビッグE, レイミステリオ
右:ナカムラシンスケ, サミゼイン, ドルフジグラー)

こんばんは、ヤマガタです。

ついに、ナカムラシンスケは、セザーロとも切り離され・・・

今回は、よくわからない6-MANタッグマッチ(トップ画像)に出場していました。

でも、これ、ひさびさの出演でした。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ビッグEのプッシュとおもったが・・・


ビッグEの手玉にとられる
ナカムラシンスケ。

・・・ナカムラシンスケは、いま静かにWWEのキャリアを終える途上に入ったのだとおもいます。

なので、今回の6-MANタッグマッチで、とくに何というわけでもありませんでした。

ダニエルブライアンとか、いい選手も入っていたんですが・・・

今回のメインはビッグEだとおもってました(上掲画像)。

でも、シメはダニエルブライアンが、サミゼインを丸め込んで終了。

とくに意味のない試合でした。


・ロマンレインズ


たしかに、
イイ感じ出している。
ジェイウーソーが
いい仕事している。

一方で蘇生をしたのが、ロマンレインズ。

ここまで来たら、白血病はウソでした、と認めざるを得ないのですが・・・

ヒールターンしてからは、イイ感じを醸し出しています。

ジェイウーソーを完全に子分にして、ギャングの恐怖親分みたいなキャラを確立しています(上掲画像)。

これは、いままでみたなかで、ロマンレインズの一番のハマり役かなあ・・・

ちょっと、これは期待していいです。

現在、ケビンオーエンズ&オーティスと抗争中。

そんな感じです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m