思ったよりよかったらしいFASTLANE①:アリその後。

(「こういう画像効果
出して来るんだよね。
WWEってさ・・・」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

すでにアスカのSD王座防衛はお伝えさせて頂きました(この記事)。

それだけにしようとしたのですが、今回(現地時間2019/3/10)のFASTLANE、直前にドバッとカード変えて来たのですよ。

それで見直したら面白そうだったので、記事化させて頂こうと思います。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ムスタファアリ。


しかもサプライズ出演で、

三人目に登場。

ヒデオイタミの恨みにも似た羨望の眼差しを受けながら(予想)、205Liveからメインロースター入りをしたムスタファアリ(Mustafa Ali)

めずらしくWWEが「育てた」選手で、現在、PPVにも出るようになりました。

今回は、ダニエルブライアン、復帰したケビンオーエンズと一緒に、トリプルスレット戦で、WWE王座に挑戦でした。

もうWWE王座戦です!!


・ちょっと波乱があった。


ここが今回のFASTLANEの

カギとなる場面だった。

(ニューデイが、

コーフィにWWE王座戦の機会を与えるべきだ

とビンスにかけあっている。)

興味が湧かなかったのでお伝えしていないのですけれども、EliminationChamber前のガントレットマッチで善戦した辺りから、コフィキングストン(Kofi Kingston)の人気が激しく再燃しています。

またコフィには、ダニエルブライアンへの王座挑戦権を、直前になってビンスによってケビンオーエンズに渡されてしまった、という経緯がありました(これも興味がなかったのでお伝えしていません。スミマセン・・・)。

そんなこんなで、今回のトリプルスレット戦でも、観客は、ケビンオーエンズでもムスタファアリでもなく、コフィキングストンに感情移入していたみたいで、試合の最中 “We want Kofi”という大きなチャントが起こっていました。

ちょっと”CM Punk”みたいな感じのチャントでした。


・勝った(ブライアンが)。


アリ得意の

コーナーポストからの

飛びつき式DDTを

ブライアンが

ヒザで迎撃!!

まあ、コーフィキングストンのことは置いておいて、トリプルスレット戦見ましょう。

試合自体は、そんなに悪くはなかったです。

アリは・・・まだ一般的な知名度は得ていないですね。

個人的には、アリには、205Liveをもっとやらせてもよかったんじゃないか、と思っています。

セドリックアレクサンダーあたりを、昇格させた方がよかったでしょう(少々食傷気味だったので)。

で、トリプルスレットですが、最後、ダニエルブライアンが、ぴょんぴょん跳ねるムスタファアリをヒザで迎撃して(上掲画像)、フォールでした。


・ちょっとアリの現評価が気になったので。


こんな感じなので、たぶん、プロレスコミュニティーでアリの評価はまだ低いでしょう。

ちょっとCagematch見てみますね。

8.36です。

コメントは皆良心的ですけれども、関心自体が少なく、投票106とマイナー選手です。(Cagematchの見方については、この記事をご参照ください。)

う~ん、アリ、まだまだかな。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m