レッスルマニア35①:今年のアスカ。

(「去年2018年のレッスルマニアはこちら
以下画像出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

現地時間(2019年)4月7日(日)、プロレス祭りで沸くニューヨークのすぐ近く、ニュージャージー州イーストラザフォードで「祭りのトリ」レッスルマニア35が開催されました。

観客動員数は82,265人と、去年の78,133人を大幅に上回っています。

それでは、見て行きましょう!!


・前座の女子バトルロイヤル。


登場シーンはあった。

今年のアスカは、すでにお伝えした通り、直前での計画変更から、KickOffショー(前座)のバトルロイヤル出場でした。

ただ、出場選手の中で唯一(厳密にはナオミもそうだったから唯二)、入場シーンが設けられました(上掲画像)。

全出場選手は以下のとおりです。

1.Asuka
2.Candice LeRae
3.  Carmella(今年優勝)
4.  Dana Brooke
5.  Ember Moon
6.  Kairi Sane
7.  Lana
8.  Liv Morgan
9.  Mandy Rose
10.Maria Kanellis
11.Mickie James
12.Naomi(去年第1回目優勝)
13.Nikki Cross
14.Ruby Riott
15.Sarah Logan
16.Sonya Deville
17.Zelina Vega

優勝は、カメーラ(カーメラ)でした。

なんかオーバーザトップロープじゃなかったかなんかで復活して、最後サラローガンを消して優勝しています。

・・・去年の優勝者であるナオミに何も起こらなかったことを考えると、これは典型的な学芸会セグメント・・・と言ったら選手に殴られるでしょうね。


・カイリ出てイオ出ず。


左端カイリセイン。
このロースター(昇格した人達)
に囲まれた時の
所在なさそうなカイリが好き♥
という男性ファン多し。

2年連続でカイリセインも出場しました。

案の定、ロースターのなかでは控えめで、Weeboo胸キュンだったんですけれども、おとといTakeOverでしたからね。

移動は楽だったでしょうけれども、本当、ハードですね。

日本選手とか関係者たくさん今ニューヨーク来ているだろうから、付き合いとかもあるんでしょう。

そんなわけで、カイリセインは、ほどよいところで退場。

アスカは、最後の3人(カメーラ抜き)まで残って、おっしゃー!!ってやってました。

このバトルロイヤルでアスカが勝って、ラウジー&シャーロット&ベッキーのストーリーに接続して行くんじゃないか・・・なんて予想もあったんですけれどもね。

とりあえず、今年のアスカはこんな感じでした。

去年のアスカは、こんな感じだったんですけれども・・・(涙)。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m