これ見るとアンフローズ離脱はアングルかな。

(「A Moment of Bliss
って言います」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

退団を決めた、と聞かれていもいないのにわざわざWWEの方から率先して報じられたディーンアンブローズ(Dean Ambrose)。

さんざん屈辱的なセグメント(最近はbullying segmentとか言うみたいですね)をやらされた先週に引き続き、今週(2019/2/4)ものうのうと登場しました。

・・・ただ、アンブローズ、新たな境地を開拓しつつあるんだよな・・・。

(以下、画像出典はWWEです。)


・いいセグメントだった。


1人だけ裸のEC3

英語で

in gear(海パン一丁)

と言います。

A Moment of Blissというのがあります。

アレクサブリスはレスリングはからっきしですが、トーク天才的なので、まあオンナ版MizTVのようなもんです。

今回のA Moment of Blissは、あのEC3のデビューお膳立てのセグメントでした(EC3の昇格はこの記事参照)。

こんなトークをします。

アレクサ:EC3・・・(じろじろ”in gear”のEC3を見て)

アレクサ:あなたのことよく知っているわ・・・。

アレクサ:若いし・・・

アレクサ:とってもおっきな・・・

アレクサ:貯金があるみたいね・・・


・ナイア→アンブローズの順。


ナイア、笑っちゃダメだ。

本当、子供みたら、

ガチで怖がって

眠れなくなるぞ。

A Moment of Blissにナイアジャックスが割って入ります。

なんだか「いまWWEの中心は自分だ」みたいなことを話します。

ナイアは、以前アレクサブリブリと抗争していたのですが(ここら辺の記事参照)、立場は逆転し、ナイアはすっかり相方(名前知らん)を引き連れるようになりました。

ただ、このセグメントで、ナイアはアンブローズを引き出すためのワンステップです(前回ナイアにアンブローズはイジメられた)。

というわけでアンブローズが出て来て、こんなマイクをします。

アンブローズ:ナイア・・・やあ・・・。

アンブローズ:先週の件だけど・・・

アンブローズ:分かってるよ・・・

アンブローズ:おれにベタ惚れなんだろ・・・?

アンブローズ:分かってる。

アンブローズ:おれは自分でも隠せない位セクシーダイナマイト(死語)なんだ・・・。

いや、このアンブローズのマイクがね、いいんだ。

いい~感じでヘタレなんだ。

ちなみに放送席にいた奥さんのレニーヤングは一言も発しませんでした。


・EC3怪我したか?


この柔道の大外刈りみたいな技

した直後、大声をあげて

痛がった。

この後のアンブローズとEC3の駆け引きも面白かったのですが、割愛。

怒ったEC3が、アンブローズを殴って試合開始になります。

試合は、最後丸め込みみたいになって、EC3がデビューを飾りました。

ただ、最後、EC3怪我したんじゃないか?というのが気になりました(上掲画像)。


・アンブローズ退団しないね。


退団しねーな、これ。

今回のセグメント見て、私なんかは、もうアンブローズの退団はない、と確信するようになりました。

メディアがWWEからAEWにどの選手が行こうとしているのか?という話でヒートアップしていることへのカウンターパンチでしょうね。

あと、シールド(Shield)のギミック外すために、これアンブローズにやらせているのかな・・・とも思いました。

アンブローズは実際、ハマり役で、EC3との駆け引きも最高でした。

EC3もいい感じで胡散臭いですからね。

こりゃアンブローズ残るわ。

でもEC3、ケガしてないですかね。

気になります。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m