TLC介入後ロンダラウジーは何を語ったか?(2018/12/17)

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

アスカ(ASUKA)のWWEタイトル奪取は、やはり、日本を賑わしているようです。

今回は翌日の(!)RAWで、そのアスカタイトル奪取の立役者(?)になったロンダラウジー(Ronda Rousey)が何を語ったか、を追ってみたいと思います。

(以下、画像出典はWWEです。)


・その前に突如、昇格。


レイシーエバンス昇格か~。

(ちょっとトニーストームに見えた。)

今回(2018/12/17)のRAWは、まくめ~んことビンスマクマホン(Vince McMahon)とその一味(一家っていえ)のマイクで始まりました。

スティーブジョブズみたいにビンスが現れ、士気の低下を嘆きます。

そして改善策として、突如、6人の昇格が発表されました。

上掲画像向かって左上から、

Lars Sullivan(NXTで暴れていた人),

Lacey Evans(一時期セインカイリと抗争),

EC3(もう完成している),

Heavy Machinery (Otis Dozovic & Tucker Knight),

Nikki Cross(おなじみ。既にSmackdown出演).

ヘビーマシーナリーは結局、一回も試合見ていません。

ラーズサリバンは、ちょくちょくニュースで見て「プッシュされてるな」と思っていました。

注目は、やっぱりようやく昇格のニッキークロスでしょうね。

レスリングよりも演出で見せる選手なので、そこが上手く行けば成功するでしょう。

がんばってほしい。


・ラウジーのマイク。


かなりマイク練習している模様。

CMパンクっぽい

ストイックなマイク目指している模様。

さて、今回(2018/12/17)のRAWの見所は、前日のTLCでトリプルスレットに介入したラウジーから、アスカへの呼びかけはあったのかどうか、ということだったのですが・・・。

RAWの最後でラウジーが出て来て、こんなマイクをします(以下要約)。

① ナイアジャックス(前日のTLCで負かした)には「あんたとはもう結構」というマイク。

② シャーロットには「新しいストーリを作りましょ」とレッスルマニアへの布石。

③ ベッキーリンチには「アンタの対戦できる最高の相手がアタシよ」というマイク。

④ 最後に「チャンピオンはすべてを超越しているの。だからガントレットマッチでもして挑戦者まで、はい上がって来なさい」というRAWメインロースターへのけしかけ。

・・・というわけで、アスカにはまったく触れませんでした。

なので、結論から言えば、アスカとラウジーのストーリーはまだゼロ状態です。

じゃあSmackdownで何か変化があるのでしょうかね。

また記事書くの・・・?

と思ったRAWでした。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m