素でキレるアスカ選手(2018/3/12 キャッチアップ)。

(「素でコワい」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。冗談で茶化し合っていた相手が、途中で素でムカついているのが分かる瞬間ってのがありますよね。そんな瞬間を彷彿とさせるアスカ選手のマイクでした(上掲画像)。

アスカ選手のブチキレ事態が発生したのは、本サイトではとっくの昔に置き去りにして来た(2018年)3月12日のRAWです。本サイトでは、この回のRAWは素通りして、翌日のSmackdownでのシャーロット選手との、これまた見ていて消耗するマイクを辿ったのでした。

しかし、この回のRAWのアスカ選手のマイク、「楽屋でアスカ選手とアレクサ選手、ほんとうに仲悪いんじゃないか」と思わせるようなマイクでした。

あ、だからミッキージェームスいるのか。妙に納得。

とにかく見てみましょう。


・静かな立ち上がり。


(出典:WWEー以下同じ)

またペラペラのアナウンサーとのインタビューで、アスカ選手に試練が訪れました。

WWEも、無理してでも、アスカ選手にマイクを身につけさせたいんでしょうね。投資(無敗記録)が凄いですから。

時間軸的には、ファストレーン(3月11日)翌日のRAWです。

アナウンサー「アスカ、昨晩のファストレーンでキメたわね!」

アナウンサー「シャーロットがルビー(ライオット)を倒した後、すかさず出て来て、SD王座挑戦!!」

画像で、アスカ選手の活躍したところが映し出される。

アナウンサー「・・・でも、なんでSD王座なの?」

アナウンサー「アスカはRAW所属じゃない・・・。」

アナウンサー「アレクサの立場ないじゃない・・・。

アナウンサー「なんで、あんな暴挙に出たの?」

アスカわ、でででっ、ででっ・・・♪

こんな感じでアレクサ選手が遮って登場するのですが、ここでアスカ選手が和風になんでやねんの動きをします。各自ご確認ください。


・いつもの ”英語へタ” ネタなのだが・・・。


マイク最強。

アレクサ選手は、アスカ選手との抗争の取っ掛かりを「アンタ英語ヘタね。」で掴んで来ました(この回なども参照)。

それを「レイシズム(racism 人種差別主義)じゃないか!」と批判するメディアも、最近よく目にするように成っています。

アスカ選手は、ああ見えて(失礼)大人なので、プロとして制作部の指示に従い、ストーリーラインに乗っかっているんでしょう。でも内心、面白くないと思っているかも知れませんね。

そんな、結構、センシティブな2人(アレクサ vs. アスカ)のマイクを、冷や冷やしながらご覧ください。

アレクサ「ワオー!(嫌味)」

アレクサ「昨夜のファストレーンは、エキサイティングだったわね!(嫌味)」

アレクサ「シャーロットの顔すごかったわよね。」

アレクサ「(アナウンサーに)アスカ英語下手なんだから、インタビューしちゃだめじゃない。」

アレクサ「そういうわけで、このインタビューカットね。」

うおお・・・いま振り返って読むと、冷や冷やしますね。


・ミッキージェームスも今回は話す!


ようやくマイク!

アレクサの顔が完全にヒール。

アレクサ「まあ初めに認めるわ。アスカは、優秀なアスリートよ。英語できないけど。

アレクサ「それに頭もキレるわ。英語できないけど。

アレクサ「注目すべきなのは、史上最長の無敗記録を続けていること。」

ミッキー「すごいわ。どうやってるのかしらね。」

アレクサ「よい質問ね。」←結局アレクサが話す。

アレクサ「アスカはとても頭がキレるの。」

アレクサ「だから、レッスルマニアでワタシを選ばなかったの。」

アレクサ「選んだら無敗記録がストップしちゃうからね。」

ミッキー「でも、アレクサ、アスカは女王様(Empress of Tomorrow)なのよ。」

ミッキー「“のーばでー、いず、れでー、ふぉー、あすか” なんだって。」

アレクサ「あははははは。」

ミッキー「あははははは。」

アレクサ(ベラベラベラベラベラベラベラ・・・←長すぎるんで省略。)

アレクサ「要するにアスカは臆病者だから、私を避けたっていうこと。」

アレクサ「“Bショー(Smackdown)”の安全パイを選んだってことよ。」

ほんとなげーな、このひとのマイク。


・ようやくアスカ選手のマイク。


最初はいつもの感じで

話していたのだが・・・。

(というかアナウンサーがセクシーすぎる。)

アスカ「私は、シャーロットを選んだ。」

アスカ「なぜか!」

アスカ「真の女王(the woman)に成るためには、真の女王(the woman)を倒さなきゃだからね。」

アスカ「私は、WWE最高のチャンピオンと戦いだけなの!」

アレクサ「あら、なんか言語らしきものが飛んで来たわ。」

アレクサ「吠えているようにしか見えなかったけど。」

アレクサ「(観客に向かって)翻訳しますね。」

アレクサ「アスカは、真のチャンピオンと戦いたいから、シャーロットフレアーを選んだそうです。」

・・・と、この辺のマイクで、アレクサ選手が行き過ぎちゃった感満タンに成ります。アドリブだったのか、台本だったのか・・・。


・素でキレる。


サッと顔が変わる。

ちょっと、というか一線を越えた感のあるアレクサ選手のマイクに、アスカ選手がキレます。

マイクが険悪な方向にヒートアップして行きます。

アスカ「アンタにはもう勝っているからね。」

アスカ「もう1回やっても同じよ。」

アスカ「それとも、いま、やるか?あ?」

アスカ「アゲイン、ライト、ナウ!あぁ~!!??」←ここから暴走モード。

アスカ「あぁ?コイや、コラ!!うぁおあ☆■◎・・・!!」←日本語。

アスカ「やるんか、コラ!!」←日本語。

アレクサ「お、落ち着いてスイートハート。」←素でビビっている。

アレクサ「アンタには宿敵が居るじゃない。」

アレクサ「彼女よ・・・。」

と、ここで、ナイアジャックスが出る段取りだったのだが、出て来ない。


・結局ミッキーが生贄(いけにえ)になった。


たすけてー!!

ころされるー!!!

すったもんだあって、結局、アスカ vs. ミッキージェームスになりました。

こんなところで無敗記録が止まるはずもなく、必殺のアスカロックで、アスカ選手がストレスを存分に発散した、という結果になりました(上掲画像)。

静止画だと分からないんですけどね、アスカ選手の顔がサッと変わった瞬間が、ヤバさ満載でした。

「英語ヘタ」ネタは、もういいんじゃないのかなあ。

アスカ選手、実際、そんな英語ヘタじゃないし。

アルベルトデルリオとかも、英語なまり凄かったし、気にしないで、このままマイクに精進して欲しいです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m