ヒデオイタミがロイヤルランブルに出場決定!!

(「おっしゃー!」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

現地時間(2019年)1月27日、RoyalRumbleがアリゾナ州都フェニックスのチェイスフィールド(Chase Field)野球場で行われます。

SuperShowDownの頃からじわじわとランクを上げている205Liveブランドですが、今回はバディマーフィの王座を巡るフェイタル4WAYが計画されています。

① バディマーフィ

② カリスト

③ トザワ

・・・4分の3人までは決定しており、最後の1枠が、今回、決定されたのです(トップ画像)。

結果、その最後の1人として、ヒデオイタミ(Hideo Itmami)が食い込みました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・2019/1/10 205Live


・・・てか、ヒゲ剃って

オンナみたいになった

ブライアンケンドリック

びっくらこいた。

ヒデオイタミの対戦相手は、すぐ最近までクルーザーウェイトの絶対王者だったセドリックアレクサンダーでした。

かつてヒデオイタミもアレクサンダーのベルトに挑戦し、敗れています(この記事参照)。


・意外にもオーソドックスな試合だった。


こんな感じ。

明らかにトリプルHごのみ。

セドリックアレクサンダーはハイフライヤー。

ヒデオイタミはキックボクシングスタイル(特に205Liveの解説者たちが、こう呼ぶ)。

そんな感じで解説されることが多いです。

しかし試合は、非常にオーソドックスなプロレスとして展開されて行きました。


・the GTS ’18


今回は違った角度から。

WrestlingObserverの記事みたんですけど、前に触れたthe GTS ’18って呼び名、まだ使ってましたね。

あ、事情を話すと、去年からずっと、GTS封印後、ヒデオイタミが使っているヒデヒデカッターなる技があるんですけれども、呼び名がまだなかったんですよ。

恐らくWrestlingObserverの提案だと思うんですけれども、それがthe GTS ’18と呼ばれるようになっています。

ちょっとマニア的に注目ですね。

で、試合は、ヒデオイタミが、そのthe GTS ’18でセドリックアレクサンダーを破ってRoyalRumbleフェイタル4WAYへの出場を極めました。

初PPVですよ!

前座でないといいですね!!


・介入で獲るか?


アリーヤデバリの

介入ラリアット!!

で、ヒデオイタミのベルト獲得の確率ですが、今回のセドリックアレクサンダー戦でも見たアリーヤデバリの介入(上掲動画)がキーのような気がしてます。

アリーヤデバリ(Ariya Daivari)がヒデオイタミとつるむようになったのは、つい最近なんですが、もしかしたら卑怯な手で、クルーザーウェイト、戴冠できるかも知れません。

ああ、でも、バディマーフィにはトニーニース、カリストにはルチャハウスパーティ、トザワには女になったブライアンケンドリックがいるか・・・。

まあ、波乱を期待しながら、RoyalRumbleでのヒデオイタミPPV初登場、とりあえず待ちましょう。

ちなみにトザワアキラは、既にネヴィルと抗争していたころ、前座ですけどSummerSlamに出演してましたよね。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m