ヒデオ選手のGTSでケンドリック選手が眼窩壁骨折に。その1

(「痛がるケンドリック選手」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。無事、RAW205Liveデビューを果たしたヒデオイタミ(Hideo Itami)選手ですが、今週のクリスマスシーズンの12月25日のRAWと、12月26日の205Liveにも見事、出場をしました。

しかし、12月25日のRAWで対戦したブライアンケンドリック(Brian Kendrick)選手が、ヒデオ選手のGo-To-Sleepを喰らい鼻ならびに眼窩壁の骨折の負傷をしてしまった模様です。

ケンドリック選手については、205Live出演選手をまとめたこちらをご覧になってください。


・WWEの発表。


(クリックで該当ページに移動します)

WWE側の発表は以下のとおりです(以下、意訳)。

ブライアンケンドリック選手が、昨晩(2017年)12月25日のRAWでヒデオイタミ選手と対戦した際、鼻と眼窩壁の骨折の負傷をしました。

リングサイドドクターのクリスアマン(Chris Amann)医師によると、ヒデオ選手のフィニッシャーGo-To-Sleepをケンドリック選手が喰らった際に骨折は起こった模様。

ケンドリック選手はその後、シカゴの緊急病棟に搬送されました。

診察の結果、今のところ手術の必要は無いようです。

ケンドリック選手の今後の試合の予定は、まだ組まれていません。


・この瞬間。


(「GTS」出典:WWE)

これがケンドリック選手が負傷した瞬間です。

翌日の205Liveにヒデオ選手が出演していることからも分かるとおり、ヒデオ選手自身にはお咎め(おとがめ)は無い様子。


・当のヒデオ選手は・・・。


ギャラハー「おれは絶対ヒデオを尊敬しない」

ヒデオ「しろ」

ギャラハー「やだ」

ヒデオ「しろ」

(ヒデオ氏ツイッターより)

当のヒデオ選手は、ケンドリック選手の相棒であるジャックギャラハー(Jack Gallagher)選手とレベルの低い争いを、ツイッター上で繰り広げ、謝罪の意思はまったくなし。

(ギャラハー選手については、205Live出演選手をまとめたこちらをご覧になってください。)

まあ、レスラーですからね。AJスタイルズ選手とヨシタツ選手のときもそうでしたが、そこら辺にはプロ同士の暗黙の了があるのでしょう。

あるいは、アングル上、公(おおやけ)には謝れないかも知れないですね。たぶん、裏でお見舞いとか行っているのかも。

いずれにせよ、2回ケガして手術しているだけあって、今回の件、ヒデオ選手の対応には妙に説得力があったりします。

この件については、ケンドリック選手との試合も含めて、続けて報じてみたいと思います。

それでは。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m

本編はもうすこし続きます。