ブロックレスナーその後(2022/1/31 RAW)

ほんとうにブロックレスナーは、
マイクの技術を身につけた!
って感じ。
(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

性懲りもなく、世界一遅いWWE速報です。

ただ、RoyalRumble見ながら速報書かせて頂いたんですけど、結構ご訪問頂いたので、また試みてみたいな、とおもっています。

そのときには、ぜひ、ご訪問お願いします。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ロマンレインズを選ぶ


向かって一番左、
WWEオフィシャル役Adam Pearceは、
アダムピアーズって読むみたいですね。
んで、真ん中がボビーラシュリー。
向かって右端がMVPです。

今回のRAWでは、男子ロイヤルランブルを制したブロックレスナーが、WrestleManiaで誰に挑戦するか、ということが宣言されるセグメントが、しょっぱなに組まれました。

こんな流れでした↓

(リングにアダムピアーズだけ。)

アダムピアーズ「やあやあ、みなさん、ごきげんよう。」

アダムピアーズ「次のPPVエリミネーションチェンバーもよろしく!」

アダムピアーズ「なんと!王者ボビーラシュリーが、エリミネーションチェンバーマッチで、5人も相手にして防衛します!」

ここで、ボビーラシュリーとMVPが出て来ます。

ボビーラシュリー「なんでやねん!」

ボビーラシュリー「ワイ、ベルト防衛したやん!」

ここでブロックレスナーが出て来ます。

ブロックレスナー「ボビーラシュリー・・・いきがるなよ。」

ブロックレスナー「ロマンレインズたちのおかげだろ?」

ブロックレスナー「だから、まあ安心しろ。レッスルマニアでは、オレはレインズとやるよ。」

・・・このトーク(トップ画像)で、レスナーのレインズ挑戦が決定しました。


・エリミネーションチェンバーは2月19日


向かって左から・・・
オースティンセオリー,
AJスタイルズ,
ボビーラシュリー,
ブロックレスナー,
セス”フリーキン”ロリンズ,
(マット)リドル.

でも、結局ブロックレスナーは、EliminationChamberで、ボビーラシュリーに挑戦することになりました。

今回のRAWで、とっとと参加者決めたみたいですが(テキトーに各人に相手がわりふられた)・・・

レスナーは特権階級で、アダムピアーズを脅して参加・・・というジャイアン方式でした。

EliminationChamberは、(2022年)2月19日、サウジアラビアのJeddah Super Domeというキャパ35,000人のところで開催されます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m