Super Show-Downその①:基本情報と順次追加情報(済/全試合結果)。

(出典:WWE

こんばんは、ヤマガタです。本日(2018/10/06)、WWE初のオーストラリアでの巨大な興行、スーパーショーダウン(Super Show-Down)が開催されます。

メルボルンクリケット競技場(Melbourne Cricket Ground)、通称MCG、というキャパ何と10万人の所で開催され、WWEが何処まで観客動員数を伸ばせるか、非常に注目がされます。

(→ProwrestlingNetによると70,309人だったみたいです!2018/10/06 18:30追加)

レッスルマニアが普通8万人なので、もし成功を収めたら、WWEとしては金塊を見つけたような市場開拓になることでしょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・日本時間(2018/10/06)18:00開始。


日本人はASUKA選手のみ出場。

開催時刻ですが、オーストラリアなので、日付変更線(大体ニュージーランドとロシアの右端)のトップランナーということもあり、日本との時差はたったの+1時間。

現地時間で今日の19時、日本時間で夕方18時から放送、ということになります。

ただ、感覚的に春ですよね、いまメルボルン辺り(オーストラリアの南端)。

ホットコーヒー飲みながら観戦・・・みたいな感じ?


・お品書き(ここに情報追加して行きます)。


ヒデオ選手はやはり出場なし。

さて、試合のお品書きは以下の通りです(※)。

(※以下、ProwreslingNetの解説に従って順次更新して行きます。2018/10/06 18:42追加)

第1試合. ニューデイ (ビッグE&コフィキングストン&エクザビアウッズの内2人) (c)

vs. TheBar(セザーロ&シェイマス)(SDタッグ王座戦)

→  ニューデイの勝利!(2018/10/06 18:42追加)

オープニングマッチとしては上出来。The Bar(セザーロ&シェイマス)が獲らなければならない1戦だったが、そうはならなかった。

A good opener. I enjoyed the strategy talk from the broadcast team regarding New Day going with their smaller lineup against The Bar. I was hoping for a title change because The Bar need the tag titles more than New Day.

第2試合.  ベッキーリンチ (c) vs. シャーロットフレアー(SD女子王座戦)

→ シャーロットが勝つが無効試合でタイトルチェンジなし!(2018/10/06 18:56追加)

試合の最後でベッキーリンチがタイトルベルトでシャーロットを殴りつけてしまう。これで無効試合となった・・・。

Lynch grabbed her title belt that was on the apron and hit Charlotte with it for the DQ.

第3試合.  ボビーラシュリー & ジョンシナ vs. イライアス & ケビンオーエンズ

→  ボビーラシュリー & ジョンシナが勝利!(2018/10/06 19:30追加)

ProwreslingNetのこの解説は、やたらCena’s Hairが連呼されていました。

例の薄毛の話が、ジョンシナが映画撮影のために髪を伸ばしていることと重なったネタみたいなんですが・・・。

Cena looks like he went to JBL’s barber. The heels isolated Lashley while Cena’s hair waited for the hot tag.

Lashley tried to spear Elias on the apron. Elias moved and Lashley tumbled to the floor. Elias ran Lashley into ring post and put him back inside the ring where Owens performed a frogsplash for a two count. Cena’s hair took the hot tag and entered the match for the first time at 9:25 and hit the Five Knuckle Shuffle and an Attitude Adjustment on Elias. Cena’s hair struck a fighting pose and then threw an elbow or something to the face of Elias and pinned him. Graves said the move in Mandarin and also said it was the mythical sixth move of doom….

After the match, Cena’s hair took the mic and said he honestly didn’t know what to expect. He said WWE is his home and always will be. He said he knows his life is changing, but he never, ever forgets where he came from. Cena’s hair said he has no idea what the future holds so he focuses on the now. “And right now I am standing in front of 70,000 people saying the word what,” Cena’s hair said. Cena’s hair added that there’s no a better feeling in the world. Cena’s hair thanked the fans for allowing him to come to their country and to perform in front of them. Cena’s hair and Lashley hugged and left the ring…

なんだか、よくわからないので、これについて次回、記事を書いてみたいと思います。

第4試合.  アスカ&ナオミ vs. アイコニックス (ビリーケイ&ペイトンロイス)

→ アイコニックスが勝利!2018/10/06 19:39追加)

やっぱりナオミが凱旋勝利の生贄だったみたいですね。

ビリーケイがナオミを押さえているところに、ペイトンロイスがランニングニーを炸裂させ、フォールを奪った。

Kay held up Naomi and then Royce hit her with a running knee and pinned her…

5分ほどの短い試合だったみたいです。


関係ないが・・・まだ、クルーザーウェイトの試合が行われていない(大出世)!!


第5試合. AJスタイルズ (c) vs. サモアジョー(WWE王座戦)

→ AJスタイルズがカーフクラッシャーでジョーからギブアップをもぎ取り勝利!!(追加時刻は以下省略)

ProwrestlingNetのライターさんは、タイトルチェンジを望んでいたみたいです。

オートンの介入とかあってタイトルチェンジがあったらいいなと思っていた。

そうすれば、AJ、ジョー、ブライアンでインディー経験者独特の味のあるショーが生まれたのにね。

I was really hoping for a title change here with interference from Randy Orton, which would have moved Styles into a hot program away from the title while freeing up Joe for a program with Daniel Bryan, but no such luck.

第6試合.  ブリーベラ&ニッキーベラ&ロンダラウジー vs. ライオットスクワッド (リヴモーガン&ルビーライオット&サラローガン)

→ ラウジーがモーガンローガンをWアームバーでやっつけて勝利!

WWEはまだ、ロンダラウジーのライバルを探しているみたい。

WWE just keeps plowing through potential opponents for Rousey

第7試合.  セドリックアレクサンダー (c) vs. バディー・マーフィー(WWEクルーザー王座戦)

→ バディマーフィが勝利!タイトルチェンジ!!

だから前座じゃなかったのかー!!

個人的にこれが本大会のクライマックスかな!!

良い試合だった。

クルーザーウェイトでの昨今における最大の出来事だったと言える。

DVDではこのセグメントはカットしないべきだ・・・なんて今回は前座でないから、これはジョークだ。

WWEがクルーザーウェイトに本気なら、RAWでのセグメントを復活させるべきだ。

A really good match with a hot live crowd. This is the biggest moment the cruiserweight division has had perhaps ever or at least since the Neville vs. Austin Aries match at WrestleMania. Hopefully the company won’t decide to cut this match from the DVD too. Yes, I’m kidding, but it will be interesting to see how they follow up on this. If they are serious about the cruiserweight division then they should really spotlight this on Raw somehow.

うお~!!

第8試合.  シールド (ディーンアンブローズ&ロマンレインズ&セスロリンズ) vs. ブラウンストローマン&ドルフジグラー&ドリューマッキンタイア

→  アンブローズがジグラーをフォールして、シールドの勝ち!

ペースの悪い試合だった。観客にも一体感がなかった。

ストローマン、ベビーだった時の方が人気あるね。

A clunky match at times. The crowd doesn’t seem to be mic’d particularly well, but it didn’t seem like the heels had a ton of heat. That’s actually been an ongoing issue with Strowman in that the fans were passionately behind him as a babyface and yet they don’t react with the same level of passionate heat for him now that he’s a heel.

第9試合. ダニエルブライアン vs. ミズ(WWE王者挑戦権が掛かる)

→ ブライアンが勝利!

3分もない試合でした・・・。

こりゃお粗末な試合だったね。

こんな短い試合になるなら、ちゃんとケガとかアングル作っとかなきゃ。

トーキングSmackでブライアンとミズがやってたのは何だったの?

こりゃ制作部のミスだね。

あ~あ、こりゃメインイベントのエントランス、なっげーの見せられそうだな・・・。

Cheap shots aside, this was a disappointing match. I don’t know if there’s a legit injury that required it to be short or if this was simply the plan, but I didn’t care for it either way. It’s a shame that creative never managed to recapture the magic that Bryan and Miz found on the Talking Smack set. By the way, this leaves a lot of time for the main event or this show will be going off the air earlier than the four-hour window would seem to suggest. Of course, the ring entrances alone may eat up 20 minutes.

第10試合.  アンダーテイカー (with ケイン) vs. トリプルH (with ショーンマイケルズ)

→  トリプルHが勝利!

老体にムチ打った2人にまず、高評価を与えたい。

クラウンジュエルにも繋がる海外興行であるから、テイカー&ハンター(トリプルH)は、いい加減な試合をできなかった。

しかし老体の2人のスロームーヴは隠せない。

観客はそこを汲み取って、上乗せして観戦していた。

I give Taker and Hunter an A for effort if nothing else. They received a ton of television time and this was the featured match on this show and it’s obviously it’s leading to more at Crown Jewel, so they couldn’t deliver the type of throwaway match like Taker and Cena had at WrestleMania for instance. They were moving in slow motion at times and it wasn’t pretty, but the crowd appreciated the effort to at least attempt to have an epic match. All of the outside interference by Michaels made him and Hunter feel like the heels, so Taker and Kane attacking them afterward felt justified. In fact, it felt ridiculous that Taker and Kane would go along with raising their arms with the duo afterward. It was all a bit confusing. I guess the idea is to let the fans choose between the teams, but they both actually came off poorly. It was a real mess in a lot of ways, though it seemed like the crowd left satisfied and perhaps a little confused.

・・・という結果でした。

今回はバトルロイヤルやりませんでした。

えらいえらい。

実際の試合については、追って記事化したいと思います。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m