12月19日の205Liveでヒデオ氏登場の模様。その1

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。2017年11月28日にヒデオイタミ(Hideo Itami)選手の205Live移籍が発表されて話題をさらったのですが、その後、2週間「Coming Soon」の予告は入るものの一向にヒデオ選手は登場しませんでした。しかし本日、日本時間12月13日放送(というかWWEネットワークで視聴)の205Liveで、アメリカ時間12月19日=日本時間12月20日(水)の205Liveで、いよいよヒデオ選手が登場することが明らかにされました。

手っ取り早く言ってしまうと、ヒデオ選手の登場は、インターネット中継でしか観ることができません。最近話題のDAZN(ダ・ゾーン)では、アメリカのUSAネットワークで中継されているRAWやSmackdownは見れるようですが、205Liveはムリみたいです。

なので、一番手っ取り早いのは月額9.99ドル(1,000円少し越え)のWWEネットワークに入会するのが良いと思います。

WWEの放送時間帯については、この記事にまとめてありますので、ご参考にしてください。


・ここまでのお話。


ヒデオ選手関係で、ずいぶん記事を書いて来たので、時系列順に、ここにまとめさせていただきます。

① ヒデオイタミ=KENTAは、どうなった?

② みんなでヒデオイタミを心配する。その1

③ 2018年、ヒデオイタミはWWEに残る模様。その1

④ 【続報】ヒデオイタミの昇格はやはり本当の模様。

⑤ ヒデオイタミ、205Liveへ!!その1

⑥ なかなか登場しないヒデオ選手。

正直、④までは情報は二転三転していた感じです。私自身も「恐らく日本に帰るんじゃないか」と正直、思っていました。・・・でも、どこに帰るの?という冷たい視線もあったのですが。

いずれにせよ、ヒデオ選手の場合、WWE残留は正解だったと思います。

正解ではあるのですが・・・。


・目指すは不採算部門の立て直し。


ヒデオ選手が乗り込む205Liveは、本サイト(ニュースオールズ)でも繰り返し言ってきた通り、WWEの不採算部門です。

205Live自体は、この記事で説明したとおり、クルーザーウェイトの選手を集めてできた番組です。

しかしどう不採算なのでしょうか?

目で確かめるのが一番でしょう。

(「205Live」出典:WWE)

205Liveの一場面です。ちなみに演説しているのは”ヒールの副将”みたいなドリューグラック(Drew Gulak)選手。

さてこの場面、何かお気づきでしょうか?・・・分かんないですよね。「イイ感じでやってるじゃん」という感想だと思います。しかし、この205Live画像と下の画像を比べてください。

(「Smackdown」出典:WWE)

205Liveの前にやっているSmackdownの一場面です。205Liveとの違いはどこにあるでしょうか?

それは背景の観客です。

205Liveでは、客席がガラガラなので、後方の客席に光を当てないんです。客の入っていないガラガラコンサートみたいなもの=いわゆる「オワコン(終わっているコンテンツ)」が205Liveの現状なのです。

実は、これに気づかなくても、なんとなく雰囲気で205Liveがヤバいのは分かります。なんか、深夜の体育館みたいに声が響くんです。そして、どの選手が出て来ても歓声もブーイングも起こりません。

これからヒデオ選手がWWE生命を賭けて乗り込もうとしているのは、そういうところなのです。

が、がんばれヒデオ選手!たぶん、来週は初回だから客入ると思う(それでもドキドキしながら見るけど)。

問題は、その次の週、その次の次の週でしょうね・・・。うお~、ひとごとながら緊張する。

・・・なんて、またしても理屈っぽい文章書いてしまいましたが、一応次回は、205Liveの登場人物たちをチェックしてみたいと思います。

それでは。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m