AEW失速(2020/7/8 FYTER FEST)

(出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

ここ3週間、WednesdaysNightWarsで、AEWが、NXTに3連敗です。

2020/6/24    NXT 78万人 vs.  AEW  63万人

2020/7/1   NXT 79万人 vs.  AEW  75万人

2020/7/8   NXT 76万人 vs.  AEW  71万人

コロナ禍でのWWE側のセットアップの勝利ともおもえるのですが・・・

・・・実際のところは、奥さんレニーヤングがコロナ感染で、出場を控えているジョンモクスリー不在のためでしょうね・・・

参考:Renee Young Gives COVID-19 Update

それにしても、どのくらいつまらないのか、みてみたいとおもいます。

ええと、一応イベントで、FYTER FEST 2日目です。

(以下、画像出典はAEWです。)


・これで負けたの?


パフォーマンスセンターより
数段よいセット。

コロナ禍でのAEWのセットをみたのは、この記事(2020/4/15)あたり。

・・・まあ、可もなく不可もなく、という感じでした。

WedenesdayNightWarsの大敗をみて、相当しょぼい画像を予期していたのですが・・・

・・・あけてビックリ玉手箱。

かなり気合の入った派手なセッティングでした(上掲画像)。


・ケニーオメガ


タッグ要員。

・・・で、日本のみなさん唯一のきがかり、ケニーオメガです。

いまはタッグ要員。いちおうAEWタッグチャンピオン。

ハングマンペイジと、微妙な友好関係、という点でストーリーラインのひとつを任されています。

任されているっていうか、もう運営側だけどね。

いま、ふり返ると、ケニーオメガがWWE行かなかったのは、身長じゃないかなあ・・・とおもっています。

ちょっとおもいつくまま、データみてみましょう。

AJスタイルズ:180cm

ケニーオメガ 183cm

フィンバラー 180cm

ジョンモクスリー 193 cm

ドリューマッキンタイア 196 cm

ドリューグラック 183 cm

ダニエルブライアン 178 cm

ザ・ミズ 185 cm

レイミステリオ 168 cm

AJスタイルズとか、ザ・ミズとか、けっこう太っているじゃないですか。

WWEでトップ選手で活躍するには、グッドシェイプでいられるのは190cm以上の選手で(ドリューマッキンタイアが典型)・・・

・・・180cm前半の選手は、相当デブにならなければ、なりません。

ダニエルブライアンや、レイミステリオみたいな、例外はありますが、ケニーオメガは、彼らのような運にかける・・・

・・・あるいは、AJスタイルズのようなカリスマを獲得する・・・

・・・とはおもわなかったんだとおもいます。

理由は簡単で、アメリカでのインディーシーンでの括弧たる基盤がなかったから。

なので、安全パイで、AEWを選んだんだとおもいます。

結果としてパッとしていないですが、たぶん、ストレスは感じていないとおもいます。


・オメガ組が勝った


合体技(the Last Call)
→スリーカウント。

試合は、最後、ハングマンペイジとの合体技で、オメガ組が勝ちました。

相手は、プライベートパーティという、あれですわ、ストリートプロフィットの劣化版じゃなくてAEW版みたいなタッグだったのですけれども・・・。

ただ、上層部のオメガ達が、ほぼインディーあがりの若造たちを痛めつける、という現在のAEWのマンネリ路線に視聴者がどこまで耐えられるか。

昔からの熱狂的なジエリートファンしかのこらないんじゃないか・・・

そんな風におもっています。

目下、コロナ禍で勢いを増してきているのは、むしろインパクトレスリングですね。

カールアンダーソンとルークギャローズも、インパクト移籍してみたいです。

たぶん、WWEが大量解雇時、AEWにだけ行かなければ、また呼び戻す可能性がある、みたいなこと、絶対言っているんだとおもいます。

・・・新日本は、行ったところで、日本のお客さん反応なしだからね。

そんな業界情勢なのでしょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m