WWEはシンスケナカムラのプロモに失敗している?その7(終)

(「”キモかわ”ですな・・・」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。2017年昇格後のシンスケナカムラ(Shinsuke Nakamura)選手の軌跡を辿っています。直近ではサバイバーシリーズ大会で、晴れてSmackdownチームの一員に選ばれたナカムラ選手。レスリングオブザーバーによる(そのサバイバーシリーズの)試合評価は、1.75と超低評価だったり、Smackdownチームで最初に消されたのがナカムラ選手だったりして、踏んだり蹴ったりだったのですが、私自身、そのサバイバーシリーズの5vs5の試合、観ててすごく面白かったですよ。

試合の勝ち負けで、WWE側のプッシュがウワサされる業界ですが、こんな屈強にもめげず、ナカムラ選手はいまのところ、スターの階段を着実にのぼっている、という印象です。

でも、もっと速くのぼっても良かったんじゃないかなあ・・・。サバイバーシリーズの5対5、正直シナがウザったかったのは私だけでしょうか。

Smackdownは、ナカムラ vs AJで、1年くらいやって欲しい。スポット参戦で棚橋選手とかも出て、ナカムラ氏の顔を歪ませて欲しい。逆ジェリコみたいな。


・ヘルインアセルの試合つづき。


(「ずんずん・・・」出典:WWE)

というわけで、季節遅れのヘルインアセル戦です。

マハル選手が入場して来ました。

恐らくは見納めのシンブラザーズを従えて、当人だけは出世街道まっしぐら。

インドでも、トリプルHと好試合をし、さらにロケットエンジンで出世街道を驀進(ばくしん)しています。

個人的には、マハル選手、シンブラザーズ後は、ナイアジャックスなんかとつるんで欲しいなんて思っていたんですが、最近、ナイアちゃん、えんぞ~ストーリーの方に行っちゃったんですよね(下の画像参照↓)。

(「これを恋話と取るかどうか」

出典:WWE)

すげー画像だな。

肉食獣 vs 肉食獣みたいな。


・ナカムラ選手のキャラ抹殺。


・・・で、肝心のヘルインアセルのナカムラ vs マハル戦なんですが、やっぱりあんまりおもしろくなかったです。

前回、レスリングオブザーバーのデイブメルツァー氏や、WWEOBのエッジ氏の、ナカムラ選手に対する苦言を扱いましたが、まさにそれを象徴するような試合でした。そもそもエッジ氏の批判は、このヘルインアセルの試合に向けられたものでしたからね・・・。

いや、ナカムラ選手自体は、悪くなかったです。いつも仕事をしていました(以下、出典はすべてWWEです)。

かも~んとか、

う″わ“う″わ“う″わ“・・とか(←タギるのこと)、

いろいろやっていました。ちゃんとエンタテイナーだったし、プロの姿勢を感じました。

でも、盛り上がらなかったんですよね。

原因は、マハル選手にあるんです。

何やっても、あの怒ったような顔が変わらないんですよ。

同じやり取り(ナカムラ氏おちゃらけ vs 無表情)でも、トリプルHがやると、雰囲気がグッと出るんですけど、マハル選手はまだトリプルHほどのオーラが無いから、怒ったような顔だけだと、ただの詰まらないキャラに見えちゃうんですよね。

そういうわけで、ナカムラ選手のキャラ殺しとなってしまった試合でした。


・でも、さりげなく完全決着モードだった。


審判「でてけ!」

シンブラザーズ「ほえっ!?」

でも試合自体は、さりげなく、マハル vs ナカムラ 完全決着!の方向に向かって行きます。

終盤、いつもの介入をしていたシンブラザーズが退場

ついに1対1で、ナカムラ選手とマハル選手が対決したんです。

場外戦などもあり、後半、徐々に盛り上がりを取り戻して来たのですが・・・


・カラァス!(アナウンサー)


ナカムラ「あぁ~れぇぇ~~~・・・」

あー!!

ナカムラさーん!!

・・・というわけで最後は、マハル選手のカラスが炸裂して、またもやナカムラ選手が負けてしまいました・・・。

う~ん、ナカムラ選手の人脈不足かな。

シンブラザーズ介入時に、シナが救助に向かうとか、そういうハプニングがあれば、すごく盛り上がったんだでしょうけど(←無茶いうな)、シナは無理にしても、誰か「えっ?このひとと、ナカムラ!?」みたいな選手が援軍に来れば面白かったと思います。

オートン選手じゃ、イマイチ。

う~ん、ネヴィル選手とかね(←だから無理いうな)。

そんな感じでした。

WWE的には「これでナカムラ選手のマハル選手との抗争はおしまいです!」と言いたかったのでしょうけれども、ストーリー不足だったかなあ。たぶん、マハル選手のプッシュ自体、WWE内で相当、予定変更を生んだんでしょうね。

いそがしそうだなあ、あの会社のひとたち・・・。

・・・

では、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

本連載は、これで終了です。m(_ _)m

早く、AJ vs ナカムラ、抗争でやって欲しいですね・・・(あるのか?)。新日本のWWEバージョンみたいで、期待度大です。