WWEに渡った中邑 真輔選手-その後 その2

(「中邑真輔選手」画像出典:WWE)

こんばんは。ヤマガタです。新日本プロレスを退団し、世界最大のプロレス団体WWEに渡った中邑真輔選手の足跡を辿っています。

2017年8月20日のWWEの大イベントSummerSlam(サマースラム)で遂に、中邑選手はWWE王者を賭けてジンダーマハル選手に挑戦しました。それを振り返りながら、彼がWWEでどんな活躍をしているのか、見てみたいと思います。


・1軍に上がった、と言われるワケ。


(「NXT当時ノリノリの中邑氏」画像出典:WWE)

現在ブームを巻き起こしている新日本プロレスでは、多くの有名選手が凌ぎ(しのぎ)を削りあって、少々選手過剰状態だなんて言われています。

世界最大のプロレス団体WWEでは、実はとうの昔からこの問題(選手過剰)に直面していて、同一団体内にもかかわらず、野球で言う一軍二軍、サッカーで言うJ1J2のようなディビジョンを形成して来ました。

それが2017年、中邑選手が上がったSmackDownLive(スマックダウンライブ)と、去年チャンピオンとして君臨していたNXT(エヌエックスティー)との違いです。前者一軍後者二軍に当たります。

但し、NXTにはNXT独特の味があり、比較的小会場(日本から見れば十分デカい)で、割とハードヒットな試合をする、要はマニアックな戦いが見られるのが特徴です。だから一概に、二軍呼ばわりできるわけではありません

NXT出身の選手の中にはSmackDownLiveのような一軍に上がった後、「ずっとNXTに居た方が良い味が出ていたのに…」と思わずにはいられない選手がたくさん居ます。いま正にそうだ言えるのは、タイデリンジャー選手(下記画像)でしょう。


・中邑真輔選手が埋もれて行く可能性は?


(「恍惚の表情を浮かべるデリンジャー氏」画像出典:WWE)

一軍に上がることをWWEでは「メインロースターに成る」という言い方をします。「ロースター(roster)」は「リスト、名簿」という意味で、main rosterですから「一軍選手リスト」という意味です。

WWEを見ているひとなら、メインロースターに成った選手がいかに寿命が短いか、複雑な気分で観ずにはいられないはずです。プロレスですから、真の強さとかはあんまり関係ありません。単純に、観客や視聴者が観たがる選手であるかどうか、ということです。つまり、飽きられたらお仕舞いのわけです。

では、中邑真輔選手はWWEの一軍、メインロースターの選手として、このままずっと頑張って行けるでしょうか。

いまの雰囲気だと、100パーセント大丈夫でしょう。WWEも中邑真輔選手の話題性に(すこし嫌な言い方ですが)利用価値があると考えており、中村選手が登場してからWWEの景色が変わったのは、日本人びいきでそう見えるのではないと思います。


・そんなこんなでジンダーマハル選手との抗争は納得。


(「すげえ筋肉のマハル氏」画像出典:WWE)

中邑選手を輝かせる、しかも末永く輝かせるストーリーラインは何か、と考えた時、確かにジンダーマハル選手との抗争のアイデアは悪くなかったと思います。

中邑選手もマハル選手も、SmackDownLiveではニューフェイスです。常に新しい空気を!というWWEの至上命題からして、この2人(中邑選手とマハル選手)による活性化、とくに少々食傷気味のランディオートンなどのリバイバルは、WWEが拡大して行くために有効な道筋だと思われます。

これに加えてよく言われるのは、マハル選手によるインド市場開拓中邑選手によるアジア市場開拓です。スポーツもビジネスですから、こういった事情は拭い去れませんが、何はともあれ、中邑選手にはこのまま波に乗ってもっとWWEの中心にえぐり込んでもらいたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

肝心のマハル選手とのWWE王座戦は、次回につづきます。m(_ _)m