WWEに渡った中邑 真輔選手-その後 その3(終)

(画像出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。さる2017年8月20日のWWEの大イベントSummerSlam(サマースラム)で遂に、中邑真輔選手がWWE王者を賭けてジンダーマハル選手に挑戦しました。それを振り返りながら、彼がWWEでどんな活躍をしているのか見ています。


・シンブラザーズ(Singh Brothers)とは?


(「シンブラザーズ、尊師マハルを仰ぐ」画像出典:WWE)

サミルシン(Samir Singh)サニルシン(Sunil Singh)から成るシンブラザーズは、現在、ジンダーマハルの取り巻きに堕して(?)いますけれども、もともとは、Harv Sihra(本名Harvinder Sihra)Gurv Sihra(本名 Gurvinder Sihra)として活躍していた歴と(れっきと)したレスラーです。

直近では、日本からホワイトタイガーこと飯伏幸太選手なども参加したクルーザーウェイトトーナメント(現在のWWE205LIVEの前身)に参加したことでも有名です。

しかしそれ以前にもボリウッドボーイズ(Bollywood Boyz←zはわざと)としてカナダのプロレス団体でチャンピオンに君臨したりなど、輝かしい業績を残している優れたレスラーでした。


・結局、そのシンブラザーズにやられた。


(「イケてた頃のシンブラザーズ」画像出典:Wrestling Forum)

結局、中邑選手のWWE初挑戦は、このシンブラザーズの介入によって妨げられた、というのが結末でした。てっきり中邑選手がWWE王座を取って「初の快挙!」とばかりに東スポをでかでかと飾ることを予想していた日本のファンは、すこし肩透かしをくらったかも知れません。

しかし、ジンダーマハル選手もWWE王座を取って間もない状態です。彼をチャンピオンとして育てて行くのにも、このストーリーで正解ではなかったかと思われます。インド系アジア人が活躍すれば、アラブ系の選手の活躍の場も広がるわけですし、長い目で見ればWWEの活性化としては好ましいことではないでしょうか。


・つづきはダイジェストで…。


では、肝心の試合はどうなったのでしょうか。ダイジェストで見て行きましょう。(以下、画像出典はすべてWWEネットワークです。)

お辞儀をするナカムラさん。

海外に渡っても和のココロは忘れない。

強烈なローを見舞うナカムラさん。

この通好みの動きがプロレス以外のファンにも熱く支持されている(推測)。

このムーブもやってます。

「くらえ!ジンダーなんとか!!」

「カモーン!」をするナカムラさん。

トリプルHが著作権上苦言を呈しているらしい。

日本でも超有名なヤマグチ氏フナキ氏が日本語実況を担当!

「タギる」もやっています。

解説者が「いーいバイブだ…」といつも言います。

試合終盤、キンシャサ(旧ボマイェ)を決めようとする。

もうWWE王座はすぐそこだった…。

なのに、画面下のシンブラザーズが介入して来ます。

怒ってシンブラザーズをボコボコにするナカムラさん。

だめだ!この展開はマズイ!!

案の定、マハルに捕まった!

マハルに決め技カラス(Khallas)を決められ…。

最後はスリーカウント!


・むすび


このように残念ながらWWE王座を奪取できなかった中邑選手。

しかしもう次のWWE王座戦へのストーリーラインが始まっているみたいです。

来年、あのレッスルマニアで中邑選手がど派手な登場をするのを期待しながら、私達としては今、彼の活躍から目が離せないばかりです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。