ASUKA&ニッキークロス vs リアリプリー&シャーロット (2021/6/7 RAW)

Hell In A Cell は、
このカード。
(出典:RAW)

こんばんは、ヤマガタです。

Hell In A Cellは、WWEの追求していた女子部門の完成形態ともいえる、リアリプリー vs. シャーロットです。

ちょっとリアリプリーの技術がまだまだ、なんですけど、それ以外のパフォーマンスでリアリプリーは、もう完成形に近づいており・・・

・・・現段階の女子プロレスの頂点といえる試合といえるでしょう(リアリプリー vs. シャーロットが)。


・一週間ぶりのASUKA


SmackDownでもベルト取りました。
そして
RAWでもベルト取りました。
そして
タッグ王者にもなりました。
そして
MoneyInTheBankも取りました。
そして
ロイヤルランブルでも優勝しました。
ようするに、
もう、やることがないです。
このひと。

そんなリアリプリーとシャーロットが組んで、今回、ニッキークロス&ASUKA組と対戦しました。

なんで、ニッキークロス?ってのは、以下の記事を読んでください。

ジミースミスのデビュー(2021/5/31 RAW)

リアリプリー vs. ニッキークロス(2021/5/24 RAW)

・・・で、おもにリアリプリーに因縁つけているニッキークロスが、今回、パートナーとしてASUKAを指名。

リアリプリーとシャーロットは、あれですね、Hell In A Cellの前哨戦として、仲の悪いところをみせよう、という、いつものパターンです。

案の定、試合中、シャーロットが、タッグパートナーであるはずのリアリプリーにブチ切れて、ナチュラルセレクション(前転しながらのフェイスバスター)をし・・・

・・・リアリプリーがのびているところをニッキークロスがフォールして、試合が終わりました。

ASUKAは、ASUKAで存在感のある動きをしていましたよ。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m