ブレイワイアット vs. ブラウンストローマン(SummerSlam 2020)

(「ど~~~~~~~しても
ロマンレインズに
スターになってほしいWWE」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

サマースラム、ASUKAの試合だけ、お伝えしましたが、ほかはどうだったのでしょうか。

演出命のブレイワイアット、WWEプッシュばかりのロマンレインズ・・・

・・・と聞いて、食指はまったく動かないですが、一応ストーリーラインについてゆくために、メインイベント、ユニバーサル王座戦をみてみましょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ブレイワイアットはフィーンド(悪鬼)で登場


最初から悪鬼で登場。

なんだか、アレクサブリスを挟んで、ブラウンストローマンが、気は優しくて力持ちみたいなキャラを失ってゆく・・・

・・・というストーリーが展開されていたようです。

そんな心理戦で優位になったブレイワイアットが、悪鬼(Fiend)形態のまま、入場して来ました。

しっかし、なんで、この男プッシュされているのか、いまだにわからん。


・ブレイワイアットが勝った


最後、シスターアビゲイルを
決めたところ。

試合は、どこでカウントとってもよい、という形式だったので、おもしろくなかったです。

ようするにレスリングにならないで、殴り合い・・・みたいな感じですね。

ブラウンストローマンが一方的に攻めていたのですが、最後、逆転のシスターアビゲイル2連発でブレイワイアットが勝利しました(上掲画像)

・・・ハイ、ハイ、という感じでした。

でもこれで、ブレイワイアットは新ユニバーサル王者になりました。


・ロマンレインズが、なぜか介入


ブレイワイアットにスピアをしているところ。

で、肝心のロマンレインズですが・・・

コロナ禍がはじまってから、ロマンレインズは、白血病アングル(と、あえていいます)があったので、休んでました(この記事)。

そこからの約4か月後の復帰になりました。

なにやってたかは、知りません。

で、ロマンレインズ、突然登場して、試合後でフラフラのブラウンストローマンとブレイワイアットをボコボコにします(上掲画像)。

で、おれがチャンプだ、みたいなこと、ひとりで興奮して言います(本記事トップ画像)。

・・・なんだか、よくわからなかったです。

とにかく、こういうわけで、次のPPV、Payback(2020/8/30)で、ブレイワイアットvs.ブラウンストローマンvs.ロマンレインズ決定、となりました。

・・・ふ~ん、って感じですよね。

つ、ま、ら、な、か、った、です。

ただWWEは、ロマンレインズを、どうしてもプッシュしたいらしいです。

またこの話がブリ返した、という感じがしました。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m