新日本プロレスによる著作権規制

(「もうどうでもいいかな・・・」
出典:NJPW)

こんにちは、ヤマガタです。

本日(2020/10/18)G1 climax決勝戦なんですが・・・

本サイトとしては、しばらく新日本プロレスから手を引こう・・・という決定になりました。


・とりあえず決勝戦


決勝戦は、SANADAと飯伏幸太・・・になりました。

ザックセイバーJr.もウィルオスプレイも(ジェイホワイトはいいんですが)、結局、絡まず、いつものお家芸=日本人びいきで、そこにうんざりした・・・

これも、新日本プロレスから手を引こうとおもった理由のひとつです。

SANADAはね・・・さむい。

あの会場暗くしてスマホの明かり付けさせる(ブレイワイアット日本版みたいな)パフォーマンスに虫唾が走る。

あとメイ社長の交代かな。メイさんが悪いんだろうけど、なんか、よい印象は持ちませんでした。

また、内藤哲也に飽きたんです。

うまくは言えないですけど、KENTAに対する対応あたりから、すくなくとも内藤は、ちょっと行き過ぎた感を否めなくなりました。

というわけで、今日のG1決勝戦は、みなさんで楽しんでください。

ウィルオスプレイかザックセイバーJr.プッシュしないと、旧態依然の”王道プロレス”で、もう見たいとおもわないです。


・著作権規制


ひさびさに、
見たい動画のリンクを開いたら、
こんな風になっていた・・・。

一番の理由なんですが、新日本プロレス、著作権への締めつけが、すごくキツくなっているんですよ。

結構YouTubeで、内藤のムーブとか、海野レフェリーの動きとか・・・

好きな動画あったんですけど、最近、壊滅状態に追いやられていました(上掲画像)。

作ったひと、どういう思いで受け止めたんでしょうかね。

Fanmadeだから、いいじゃん・・・とおもうんですが、新日本プロレスは、なにをムキになっているんでしょうか。

新日本プロレスが世界で人気が出たのは、インターネットのおかげだよ。

新日本プロレスワールドじゃないよ。

NewJapanStrongなんて、誰も見ないよ。

マーケティング間違ってるよ。


・新日本プロレスは他メディアでどうぞ。


各メディアでも、この新日本プロレスの動きを見て、手を引き始めているところが多いようです。

もとから海外で新日本プロレスは、WrestlingObserver以外、注目されていないのですが、輪をかけて注目されなくなって来ました。

メルツァーのからくり、つまり、新日本を応援することでアンチWWEをとり込んだことに気づき始めたファンがいることも、あります。

結局AEWが(アンチWWEの)ウケ皿になったことなど・・・いろいろありますが・・・

こういった反新日本(アンチ新日本)の動きに、本サイトも従いたいとおもいます。

東スポさんでも、どこでも確認できるでしょうから、そちらをご覧になってください。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。m(_ _)m