KENTAが弄(もてあそ)ばれる。

(「弄びたかったのは
KENTAの方だった・・・内藤を」
KENTAのTwitter

こんばんは、ヤマガタです。

個人的には、二の線だったKENTAこと元ヒデオイタミ。

内藤二冠直後の介入により、ぴったりと新日本のストーリーラインにのっかったかたちで・・・

・・・内藤哲也(”鉄也”でKENTAは行こうとしていたらしいー上掲画像)の引き立て役を買って出たかたちになりましたが・・・


・KENTAのツイッター


内藤がぜんぜん反応しないので、
(2020年)1月20日で、
KENTAは煽りツイートをやめてしまった。
ちなみに海外では無反応。
でもまあ、いいじゃないですか。

KENTAと内藤哲也が二冠をかけてたたかうのは、THE NEW BEGINNING in OSAKA(2020/2/9)です。

年始の大興行で、大阪城ホール、16,000人。

このメイン任せられるわけですから、まだまだ新日本プロレスがKENTAに期待していることがうかがえます。

で・・・いいヒトじゃないですか、KENTA(私のなかではヒデオイタミなんですが)。

ツイッターで、内藤哲也に絡んで(本記事トップ画像)、ニュービギニング大阪まで盛り上げようとしていたようです。

でも、ぜんっぜん、内藤が反応しないんですよね。

KENTAが哀(あわ)れにみえるくらい、ガン無視です・・・

これみると、後藤洋央紀(←あいかわらずパソコン泣かせな字だな~・・・)や石井智宏がめちゃくちゃいいひとにみえてきます。

彼らはKENTAのツイッターにムキになって(そういうフリして)絡んでいました。

結局、KENTAはスネて、ツイッターやめてしまいました(上掲画像)。

う~ん、このアイコラ的ツイートは、KENTAがWWEから持って帰ったもののひとつだとおもうので、つづけてほしかったんですけどね。

参考:内藤のTwitter

参考:内藤の東スポ(ファミレス)


・塩


KENTAの塩っぷりは、G1参戦時の期待外れから来ている・・・というのはネット上で共有されており・・・

・・・まあ、それはいいんですが・・・

・・・その塩っぷりをGIF(あのくり返すヤツです)で表現する、というジャンルに、私はずっとハマってます。

本サイトだと、ここら辺の記事であつかっていた話です。

ようするに以下のようなGIFをみて、しあわせな気持ちになってます。


GIF 1:対オカダカズチカ

これ!ありましたよね!

キックのタイミング、完全にまちがえてるんです(ただしくは、髪をつかんでオカダカズチカを起き上がらせてから、キック)。

すごいですよね!!!

完全にシナリオミスです!

貴重な映像・・・


GIF 2:対バッドラックファレ

これ!

当ってないそうです!!

すごいですよね。

ファレが。


GIF 3:対ウィルオスプレイ

これも、語り継がれる伝説となってるみたいです。

オスプレイの英国紳士っぷりが、否が応にも感じられます・・・

まとめてみたいひとは、5ちゃんねら―的方々のツッコミと共に(わりとソフトです)、下記サイトでご覧になってください。

参考:【GIF】新日KENTAのプロレス、お見せしますwww

このwwwきらいだって、言ってましたね、KENTA(このツイート)。

それは、同感です。

あ~あ、とくに情報性のない、まとめ書いちゃった・・・。

KENTAのGIFがすきだ、ってそれだけの記事です。

KENTA自身は、生真面目なオトコの二の線路線つづけてほしいです。

で、まわりにイジってもらいたい。

結構ニッチな次元に到達しているような気がする。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m