薬やプロテインは腎臓に負担をかける?その1

(出典:allvectors)

こんばんは、ケン娘(けんこ)です。突然ですが、みなさん、腎臓(じんぞう)をご存知でしょうか。腎臓は、カラダの真ん中、胃の背後にあり、そこから膀胱(ぼうこう)に向けて尿管を伸ばしている器官です。

肝臓アンモニアが分解され尿素が生まれますが、この尿素腎臓で濾過(ろか)され尿と成るのです。

もちろん、この過程(アンモニア→尿素→尿)は、血液の中で起こります。

腎臓は、そういった血液中に含まれる不要物を濾過する装置、言い換えるならば「排水処理場」です。

腎臓が衰えると、濾過されなかった不要物が再び血液に乗って体を駆け巡り、尿毒症などを引き起こしてしまいます。

そしてその先にあるのは、衰えた腎臓の代替物、人工透析をつけた生活です・・・。

(「人工透析患者様」出典:wikipedia※)

The uploader asserts the following regarding consent of identifiable persons:

I personally created this media. All identifiable persons shown specifically consented to publication of this photograph or video under a free license.


・イヤなウワサ。


さて、この腎臓について最近、イヤなウワサをちらほら聞くように成って来ました。

プロテインの使用は、腎臓に負担を掛けてしまうらしい・・・。」

の持続的使用は、腎臓に負担を掛けてしまうらしい・・・。」

ともに心当たりがあるひとは居られるのではないでしょうか。

例えば、筋トレするひとはプロテインを愛用します。

また、薄毛のおクスリでミノキシジルがありますが、あれは持続的に使用するものです。

今述べたウワサに従えば、これらの習慣(プロテイン愛用 or ミノキシジル常用)は、ともに致命的なものだということに成ってしまいます。では、彼らの未来に待っているのは、人工透析なのでしょうか。

これが、本連載で投げかけようとしている問いです。

もっとも、私たちが運営しているのはニュースサイトですから、本サイトの情報のみを頼りに「医者いらず」を決め込むのはおススメしません。

しかし、氾濫した情報の中から一定の結論を導き出すことはできるでしょう。まさしく、私がここまで、フォーチと白髪について書かせてもらったのと事態は同じです。

かなり情報過多な連載に成りそうなので、先にまず情報提供で連載終了まで書かせて頂きます。もちろん推敲はしますが(←当たり前だ)、それでもなお、後に編集サイドから書き直しを要請される可能性が高いです。

このため、初出の記事は多少、読みにくくなることをお許しください。

それでは。

今回は、これで失礼いたします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m