ASUKA, マンディローズ, ダナブルック(2020/10/5 RAW)

(突然みせられてもわからないでしょうが・・・
向かって左から、
ダナブルック、
マンディローズ、
ASUKA
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

プロレスのイベント続いていますね。

なんでも、新日本プロレスはTheBestOfSuperJuniorTheWorldTagLeagueを同時開催するそうです。

なんじゃそりゃ・・・(しっかし新日本プロレスってタッグ戦盛り上がらないですよね!)

(以下、画像出典はWWEです。)


・6-WOMANタッグマッチ


写ってないけど
相手は、
ナタリア、
ゼリーベガ、
ラナ。
技かけているのがイメチィェンした
マンディローズ。

今回、ASUKAは特に予告もなく突然6-WOMANタッグに放り込まれていました。

この扱いからわかるように、ASUKAは、あくまで脇役、引き立て役。

主役はハイプ(宣伝)されたマンディローズでした。

ちょ~ど、オンナ版タイラーブリーズみたいな感じをイメージすればよいとおもいます。

タイラーブリーズ生きてますよ。

ファンダンゴとNXTタッグ王者やってます。


・ASUKA組が勝った


マンディローズの
ジャンピングニー!!

そんなわけで試合はマンディローズがキメました。

ジャンピングニー→フォール(上掲画像)。

ちょうど、ダナブルック→マンディローズ→ASUKA→マンディローズ・・・

みたいなひとりずつ見てゆくみたいなコンパクトな試合でした。

ゼリーナベガは、このまま消えてゆく感じかな・・・

これだったらアンドラーデのマネージャーやらせた方が100倍よかったです。


・その他


ClashOfChampionsでキャンセルされたナイアジャックス&シェイナバズラー vs. ルビーライオット&リブモーガンの試合が行われました。

ナイア達が勝っています。王座防衛。

あと、本サイトでは全然追っていないですが、RETRIBUTIONのメンバーが、だれだ~・・・みたいなことが各メディアで話題になっています。

ムスタファアリが、RETRIBUTIONに異動みたい。

一時期落ち目がささやかれていたのですが・・・

まあ、よかったです。

・・・ああ、アリに芸名変更していたんですっけ・・・

その位、影が薄くなってました。

そんな感じです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m