ルーシュROH行きとインディー。

(出典:ROH)

こんばんは、ヤマガタです。

すこしプロレス記事(カテゴリはスポーツなんですが・・・)お休み頂いてました。

すみまへん。


・RushのROHゆき。


ROHはかなり誇らしげ。

いろいろ話題は山盛りで、中心はオメガの行き先で未だ不明なんですが、そんななか気になったのは、ルーシュ(Rush)のROH専属契約ですね。

なぜROH?

(ちなみにルーシュというレスラーについては、ルチャ関係で一度扱っています。この記事をご参照ください。)


・やはりAEWの創設はインディーにとってピンチ。


ぷしゅー。

(白煙の音)

WWEの補集合みたいな所でチマチマやっていたインディー団体にとって、やはりAEW(All Elite Wrestling)の創設は分かっていても寝耳に水だったわけで、存続の危機に立たされている、と見ることができます。

ROHのルーシュ獲得は、そんな生き残りのための一手の訳ですね。

ちなみにWWEとAEWの緊張関係は続いており(というかメディアが煽っている)、なにかとホワイト企業を売りにするAEWに、街灯に集まる蛾のように(←言葉選べ)不満レスラーがたらたら雪崩れ込んで行くことが、喧伝されています

目についたことをチラホラ。

① AEWにはレスラーの労働組合ができるらしい(Cagesideseats)。

② AEW契約に向け、WWEにリリースをお願いしているレスラーのリポートが多過ぎ(マイクケネリスとか)。

③ ジェリコが結構引き抜きに活躍しているらしい(ソース見失いました・・・)。

④ 新日本のメイ社長は、AEW登場を市場拡大と呑気に構えているらしい(”だいじょうぶだお”)。


・”シエン”アルマスさん「やめとけ」。


で、アンドラーデ “シエン” アルマス(Andrade “Cien” Almas)が結構、台風の目になっているらしく「WWEはやめとけ」とルチャ関係の仲間に密告しているようです。

・・・単純に、WWEでの自分の起用に不満があるからのようなんですが・・・。

ただ、この前のSmackdown、アルマスさん、レイミステリオと良い試合してましたよね。

個人的には、ルーシュもオメガもWWEでいいと思っています。

情報まとめるのが大変なので・・・。

新日本が果たす役割を、AEWがする必要はないでしょう。

プロレスファンは、とにかくWWE周辺団体のことは、私達なんかよりずっと冷めた視線で見ているみたいですね(Cagesideseats)。←ルチャアンダーグラウンドとか、ボロクソに言われてました。

・・・・・

そんな感じです。

ひさしぶりで情報が整理できませんでした。

ごたまぜな記事でごめんなさい。

すこしずつ調子上げて行きます。

では。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m