みんなでヒデオイタミを心配する。その4

(画像出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

ヒデオイタミイタミヒデオKENTA・・・なんでもいいですが、僕らのヒーロー、ヒデオイタミ窮地に立たされています

2017年6月のWWE日本公演でも、初凱旋試合だったのにクリスジェリコ選手に負けてしまいました。

その意味するところは分かりませんが(※)、WWEからの「いまはこのひとプッシュしてないよ」というメッセージのように見えて仕方ありません。

(※2日前!のシンガポール講演では勝ったらしい。)

しかし彼に対するWWEからの扱いがもっとクリアになるのは、その凱旋講演の後、2017年8月からです。負けも大負け、大連敗ロードを驀進(ばくしん)し始めるのです。

結果、直近で10戦9敗・・・。

もはやカウントダウンは始まっている・・・というか年末で契約切れ?なんて話も聞く位です。

あ、連載第4回目です。よろすく。


・その一方、アダムコール選手は順風満帆。


 (「いちいちカッコいい」出典:WWE)

この記事で紹介したアダムコール選手ですが、2017年にWWEに移籍しました。

ヒデオイタミ選手より遅れてのNXT参戦と成ったのですが・・・すっかり人気者です。

完全に場の雰囲気を支配しているというか、慣れているというか・・・観客も「アダムコールべいべー!」しっかりしてくれるし。

ヒデオイタミ選手との対決、というアングルは無さそうです。


・というか、ここでもカイリさん。


(「じわじわと面白い」出典:WWE)

この記事で紹介したセインカイリ選手も、ヒデオイタミ選手より遅れてのWWE入団なのですが、すっかり人気爆発です。

NXT登場をみんないまかいまかと待ち焦がれている感じ。

そうだよなあ・・・さりげなく面白いもんなあ、このひと・・・。


・個人的には、タイラーブリーズとの抗争を大切にして欲しかった。


(「輝きしころ」出典:WWE)

ヒデオイタミ選手がWWEに渡って直ぐに抗争相手に成ったのが、タイラーブリーズ選手でした。

チャラ男VS日本男児」というアングルで、すごく良かったんですよね。

でもそれを、デーモンが、デーーーモンのやつが邪魔したんだわ・・・。

(参考「デーモン」:WWE)


・つづきます。


ボビールード戦のあとのロッカールームでのヒールターンをお話しするつもりだったのですが、なぜか回顧録みたいに成ってしまいました。

どうしても、たらればの話に成ってしまうのは、いまのヒデオイタミ選手の悪い空気に、こっちも呑まれてしまっているからかも知れません。

ああ、こんなダラダラ書いている間にリリースされないといいのだが・・・。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

本編は、つづきます。