ゼリーナベガがASUKAの王座に挑戦へ(2020/9/21 RAW)

(「マンディローズがRAWでプッシュされる模様。
オーティスがっかり(←恋人アングルやっていた)」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

Clash Of Championsの、いわゆる直前回(Go Home Show)と呼ばれるRAWです。

先週、突然、選手に鞍替えしたゼリーナベガ(Zelina Vega)に注目が集まったのですが・・・

結構、複雑な構成でASUKAへの王座挑戦となりました。

ただし前座戦みたいです。

参考:RAW WOMEN’S TITLE MATCH SET FOR WWE CLASH OF CHAMPIONS PRE-SHOW

位置づけ的には、大出世、ジャンプアップのベガですが、さすがに・・・という感じで、とりあえず前座なんでしょうね。

面白くないのは、ASUKAの方でしょう。

なんのための最高峰(RAW女子王座)やねん・・・という。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ゼリーナベガ vs. ミッキージェームズ


レスラーとしてのゼリーナベガの実力は
推して知るべし・・・
といった感じか・・・。

結構、複雑な構成で、ゼリーナベガのタイトルショットは設定されました。

まず、ゼリーナベガが、ミッキージェームズと対戦。

あっさりベガが勝っています(背骨砕きみたいな技からフォール)。

・・・そんな強かったっけ、と、ここで思うのですけれども・・・

ベガのキャリアは↓こちら。

① TNA(ImpactWrestling)出身。

② インディーズでもやった。

③ NXTに入ってからは、アンドラーデのマネージャー(というか通訳)。

NXT時代は、みなさん覚えているとおもいます。

ふたり付き合ってんの?みたいな感じで、アンドラーデとの関係を、よくインタビュアーに突っ込まれていました。

アラブ系かメキシカンな雰囲気ありますが、アメリカ生まれみたい(ゼリーナベガのことです)。

参考:Wikipedia(英語)


・ASUKA vs. ペイトンロイス


ビリーケイとは仲間割れではない模様。
ペイトンロイスのセコンドについていました。
つまりIIconicsギミックは、
まだキープなんでしょう。

で、次のカードが結構、驚いて、一気にペイトンロイスのカードを切って来ました。

ASUKA vs. ペイトンロイスです。

とくにバックステージでなにかやっている感じはなかったですね。

なので唐突にASUKA戦です。

・・・なんか、前の弱っちいペイトンロイスに戻っていました。

メイクもIIconics調に戻っていました。

試合はゼリーナベガの介入で、ペイトンロイスのDQ(無効試合)負け。

つまり、ゼリーナベガが(頼んでないのに)不当に、ペイトンロイスをサポートした・・・だからペイトンロイスの負け・・・という結果でした。

ここでASUKAとの確執が確定し、両者の対戦決定、というストーリーでした。

まあ、ASUKAが負けることはないでしょうが、ゼリーナベガ、選手になって、これからどうすんの?という所が気になります。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m