小宮克久と大麻の問題

(「結構Twitter野放しで驚く」
小宮克久=Master K Twitter)

こんにちは、編集長です。

(2020年)10月3日、タイのチェンマイで大麻を栽培した容疑で、チェンマイ大学大学院生の小宮克久という41歳の男が、大麻工場経営で逮捕されました。

やっていたことは、意外にもアカウントが生き残っている上掲Twitterに克明に記録されています。

ちなみに、なんでチェンマイ大学大学院生やねん、とツッコミ入れている方が多いとおもいますが・・・

別に身分隠すわけでなく、クリーンな農学者だったみたいです。

参考:38歳の日本人がタイの大学院で農学を学び始めた理由

ぜんぜんクリーンじゃなかった、と・・・。


・小宮克久


詭弁を展開する小宮克久

年齢が近いせいもあってか、なんか、この小宮克久という男が、妙に気になりました・・・

ザッと見ただけでも、大麻合法化運動というのは、現在ネット上のトレンドになっているみたいですね。

最初に見たのは、次のサイトでした。

参考:420 jp.net

マスターK(Master K)こと小宮克久も絡んでいたようで、現在そのページは非公開にされています。

この 420 jp.net(恐らくKeityという投稿者)での理屈に目を通してみるのも一興かも知れません。

彼らが隠れ蓑にしているのは、医療用大麻で患者さんを救いたい、という(へ)理屈で、小宮克久が上掲画像で主張しているのも、それです。

次のYouTuberも、それやってます。

参考:Cheddar The Japanese Cannabist

このChedderという男にしても、小宮克久にしても、海外で医療のお役に立ちたいという大義名分で大麻栽培しているんですが・・・

オマエら何して食ってんの?となると・・・ネットで日本人に売りさばいているんだろ?という所に行き着きます。


・使用はOK?


小宮克久サブアカウント

最近も、近畿大学サッカー部部員が大麻使用でニュースになりました。

使用は逮捕されないみたいです。

だから大学関係者が謝罪で幕引きになりました。

伊勢谷友介みたいに所持していると逮捕されるみたいです。

理由は、使用はグレーゾーンが多いから(成分が見極めにくい)、だそうです。

参考:伊勢谷逮捕で「大麻は特別」と主張強める一部ネット民の誤謬

参考:大麻所持と使用の罪の違いとその理由|所持せず使用とはどういうことか

いろいろ読みましたが、大麻擁護派の議論は、ひとつも納得できませんでした。

ようするに、価値観が違う、と彼らは言いたいようです。

だったら、海外行けよ(カナダでは合法)、となるわけですが、いざ海外行っても食っていけない・・・だから、犯罪に手を染める(日本人向けに生産)・・・これがお決まりみたいです。

もちろん、日本に持ち込むときが修羅場になるのですが、そんなことがTwitterでやり取りされていて、興味深かったです。

タバコ以上に税金かけて大麻合法化なんてのも(私は)ぼんやり考えましたが・・・やっぱり隣のひとが大麻吸ってたらヤダな、とおもいました。


・ボスキャラ


このTwitterも憶測を呼んだ。

大麻合法化のひとびとの精神的支えになっている(ようにみえる)のが元女優の高樹 沙耶(たかぎ さや)です。

しかし、本人が丁度、小宮克久逮捕直後ですね・・・10月5日、Twitterを停止しました(上掲画像)。

これも大麻捜査対策だと、ウワサされています。

参考:高樹沙耶の大麻ツイートもヤバい!? “麻薬特例法” で逮捕の可能性も…

・・・以上です。

ここまで挙げたサイトなり何なりが、どこまで生き残ってゆくか・・・注視したいとおもいます。

実際、すくなくない大麻YouTuberが動画を非公開にしています。

参考:大麻好きによる大麻好きのためのYouTuber紹介

個人的には、火遊びもホドホドにした方がいいぞ・・・とおもってます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m