紫雷イオ vs キャンディスレラエ(2020/10/4 TakeOver31)

(「もうヒールなのかわからない笑顔のイオさん」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

サンダードームのNXT版と言うんでしょうか・・・

フルセイル大学を退去し、パフォーマンスセンターを、NXTは根城としはじめました。

名づけてキャピトルレスリングセンター(Capitol Wrestling Center)。

そんな中での紫雷イオの防衛戦です。

(以下、画像出典はWWEです。)


・対キャンディスレラエ


ヒールターンした
キャンディスレラエの入場は
一回みておくべき。

このバトルロイヤルを制したキャンディスレラエが、紫雷イオのNXT女子王座に挑みました。

試合は、結構ハードヒットで、キャンディスレラエが押しているようにも見えました。

また試合終盤、キャンディスレラエの夫で、ヒールユニットを組んでいるジョニーガルガノが介入して来て、紫雷イオ、ピンチみたいになりました。

ありがちなんですけど、レフェリーが失神したんですよ。

なんか、どっちかの技喰らって。

そしたらガルガノが、オレがレフェリーやる!みたいな展開になりました(それは、おかしい)。

でも紫雷イオ、ピンチ脱出!


・勝った(王座防衛)


スパニッシュフライ
→ムーンサルト
→フォール。
ちなみに向かって左上にあるのは、
キャピトルレスリングセンターのマーク。
ちゃくちゃくとWithコロナのWWE。

いや、かなりイイ試合でした。

キャンディスレラエもヒールの方が似合っているかな。

押されていた紫雷イオですが、最後は、コーナーポストからのスパニッシュフライ(これも得意なんですよね・・・)、さらに・・・

ムーンサルト→フォール、で勝利しました(上掲画像)。

文句なし。

王者の風格。


・トニーストームがNXTに!


試合後、スクリーンにトニーストームがドアップで出て、アタシNXT戻るから・・・って行ってました。

よ~~~~~~~~~~やく、フュードですね。

メイヤングクラシック決勝からなので、WWEが、この抗争認めるの2年かかりましたね。

ようやく紫雷イオはベストな相手を得られた、という感じです。

これでリアリプリーは昇格かな・・・

昇格してシャーロットと抗争すればいいさ(リアリプリーね)。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m