ロイヤルランブル15日後のアスカ選手。

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。現地時間2月12日、毎週月曜のお楽しみ、RAWの放映がありました(WWEの放送時間については、こちらの記事をご覧になってください)。現在RAW所属の日本人選手は、アスカ(ASUKA)選手だけです。アスカ選手の今週の動向を、キャッチアップしてみましょう。


・もう、かなり手の届かない所まで行っている。


(「大阪弁のマイクが冴える!」

出典:WWE)

アスカ選手は実のところ、ご本人がTwitter等でアピールする以上に、プッシュされていて、いまやWWEで最も有名な女子選手と言って良いでしょう。

中邑真輔選手より、アスカ選手のほうが扱いが大きいです。

見てるこっちが恥ずかしくなるくらい(なるなよ)、大プッシュです。

まさに日本の誇り。イチローなみ。もう、すんごく有名人。(え?イチローは日本?)

国民栄誉賞レベルにまで達しています。

おめでとう!


・ロンダラウジーとの対戦を狙っている。


(「この指さしているひと」

出典:WWEー以下同じ)

WWEが、アスカ vs. ロンダラウジーで女子ディビジョンを盛り上げようとしているのは最早明らかで、実際、見ていて面白く、成功していると言えます。

(ロンダラウジー選手については、この記事を参照してください。)

ただ、アスカ選手とロンダラウジー選手は、ロイヤルランブルでアスカ選手が優勝した際、1回コンタクトがあっただけで、まだ因縁というか抗争は起こっていません。

次、2人が向かい合ったら、盛り上がるだろうな~。


・その前にナイアジャックス!!


「もしナイアが勝ったら、

レッスルマニアの王座戦は、

トリプルスレットマッチに成ります」

え?

だれがそんなこと決めたの?

そんな驀進(ばくしん)中のアスカ選手ですが、2018年2月25日RAWブランドのエリミネーションチェンバー(Elimination Chamber)では、女子選手きっての巨漢、しかし本人はイイ女であることを決して否定しない、ナイアジャックス(Nia Jax)選手と対戦します。

ナイアジャックスの入場曲は、CMパンク以来の名曲だと思うんですが、だれも認めてくれません。


・というわけで、今週はナイアの回!!


アナウンサー硬直。

一度、或る外人さんの「ナイアは元バリバリのモデルだったんだけど、何が原因であんな体形に成ってしまったんだろう・・・」というブログを読んだことあります。

たしかに、ナイアジャックス選手の、この、何というか、ブルせんぱいを彷彿とさせる見てくれは、いまだに理解できません。

スナック経営をねらっているのか?

そんなナイアジャックス選手ですが、今週、アスカ選手お休みの代わりに登場し、大暴れしました(←本人はこういう言い方も嫌らしい)。

試合自体は、ベイリーとサシャバンクスの青春バトルだったんですけれども、最後2人が仲直りしそうになったところに、ナイア選手が登場!!

非常に説得力のある仕方で、2人の小娘をギタギタのボコボコに!!

上掲画像は、その後、鼻息荒く引き上げるナイア選手に、アナウンサーがコメントを求める場面です。

アナウンサー「(小刻みにふるえながら)ナイア・・・どうしてこんなことしたの?」

アナウンサー「サシャもベイリーも、あなたに関係ないじゃない・・・。」

ナイア「じゅうぶん関係あるわよ!フー・・フー・・・(※)」

ナイア「先週、先々週と、この2人は、アスカをギリギリまで追い詰めたわ。フー・・フー・・・」

ナイア「でも、ワタシはそれを瞬殺した!フー・・フー・・・」

ナイア「つまり!エリミネーションチェンバーで、ワタシが、アスカの連勝を止めるに違いないってことよ!!フー・・・フー・・・・」

(※鼻息です。)

このように、しっかり、エリミネーションチェンバーの宣伝役を果たしたナイア選手でした。


・とにかく、アスカ選手は偉大。


だからあんたらトザワは?

こんな感じで、2月12日放送分のRAWにアスカ選手の出演はありませんでした。

ただ、しっかりアスカ選手紹介の録画セグメントはあって、

2015年10月7日

それから860日、ずっと負け知らず。

240勝0敗。

523日NXT王座維持。 などなど・・・

といった宣伝がされていました。

いや~、アスカ選手すごいわ。

これほどWWEで成功した日本人選手いないですよね。

・・・・・

それでは。

今回は、ここまでです。

明日はナカムラ選手の近況をお伝え出来たら、と思います。

でもヒデオ選手の記事に成ると思います。個人的に、こっちのほうが好きなので。

では。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m