KUSHIDA vs. ベルベッティーンドリーム(2020/10/4 TakeOver31)

(「KUSHIDA変わります」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

キャピトルレスリングセンター鏡開きのNXT TakeOver30つづきです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ヒールターン?


ジーパンになりました。
ハイフライヤーではないから、
さして試合やりにくいことは、
なさそう。

なにをやっているのかわからないKUSHIDAだったんですけど・・・

よ~やく、とっちゃん坊や(失礼)みたいなTimeSplitterギミックを捨ててくれました。

上掲画像のとおり、ワイルドなストリートファイターです。

でも家族思い。


・KUSHIDAが勝った


Hoverboard Lock!!
→ギブアップ

ベルベッティーンドリームも#SpeakOutムーブメントで・・・

一時期、試合出場すら危ぶまれていたので、今回、彼を勝たせることはなかったでしょう。

その公開説教みたいな感じで、終始KUSHIDAがベルベッティーンドリームをパニッシュメントしていました。

試合終ってもパニッシュメント(お仕置き)。

終始、ベルベッティーンドリームを痛めつけたKUSHIDAが・・・

最後は、キムラロック(ホバーボードロック)でKUSHIDAがベルベッティーンドリームを仕留めました(上掲画像)。

ひさびさにKUSHIDAが活躍するのを見た気がします。

WrestlingObserverもほめてました。

イメチェンしたKUSHIDAは、よかった。

ようやく新日本の頃と違う彼を見せてくれた。

This KUSHIDA is so much more interesting than who we saw in NJPW. Really good match all around.

・・・あとはストーリーなんですよね。

KUSHIDA、WWE行ってから、みんな単発なんですよ。

誰かとじっくりストーリーを編み上げたことがない。

UndisputedEraに噛み合う相手がたくさん居るので、KUSHIDAに必要なのは今、仲間でしょうね。

なんかもう、トザワアキラでもいいような気もして来ました。

志村けんと加藤茶のような気もしますが、ふたりそろい踏み、見てみたいですね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m