NXT UKが再開する

(「ロンドンの BT Sport studios 収録」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

AEWも水曜日に戻り、WednesdaysNightWarsが再開しました。

もう何回目かわかりませんが、順当にAEWが勝ったみたいです。

2020/09/16
NXT 689,000  vs. AEW 886,000

ただ、今回の放送曜日変更で、ともに視聴者数が大幅にアップしましたので、来年あたり、放送時間帯、ともに変えてくるかもしれません。

で、そのAEWについて記事を書こうとおもったのですけれども・・・

・・・ど~も、日本のみなさんが興味持てそうな話題がないのでスルー。

代わりにNXT UKが再開されたので、それをちょこっと見てみたいとおもいます。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ノアムダー


個人的には(私ヤマガタが)
思い入れ強いかな。
205Liveから見ています。

私が見た試合は、ノアムダー(ノームダー) vs. イリヤドラゴノフ(Ilja Dragunov)でした。

ドラゴノフは、ロシア、モスクワ出身というギミックなんですけど、本当かな・・・?

本当みたいですね↓

参考:Wikipedia(英語)

ルセフのロシア出身って、ギミックだったじゃないですか・・・(後に、こっそりブルガリア出身に変えられた)。

だから、ドラゴノフは貴重な、初のロシア人WWEレスラーみたいです(上掲Wikipediaより)。


・ドラゴノフが勝った


Torpedo Moscow!!
(ランニング式ヨーロピアンアッパーカット

ぜんぜん顔写ってないですけど、”トルネード、モスクワから”的な技でドラゴノフが勝ちました(上掲画像)。あ、フォール勝ちね。

NXT UKですが、10人くらい関係者入れて、歓声起こしているような感じです。

まあ、もとから観客多いコンテンツではなかったので、見ていて違和感ありませんでした。

NXT UKは、実質的にWWEヨーロッパのことで、最近WWEネットワークに追加されたwXwとかからの選手の流入が期待されます。

関係ないけど、リゲロ解雇されたんですよね。

いい味出していたと思ったのだが・・・

ああ、#SpeakOutムーブメントのあおりを受けたのか・・・

参考:Ligero Reportedly Released by WWE After Assault, Harassment Allegations

そんなNXT UKでした。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m