紫雷イオ vs. ショツィブラックハート(2020/9/16 NXT)

(「ローズマリーみたいに、
ImpactWrestlingに居そうな選手」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

先週の流れを受けて、ノンタイトルながら今週、紫雷イオに、ショツィブラックハート(Shotzi Blackheart)が挑戦しました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・どんな試合だった?


また右ヒザか!!!

試合は、結構レベルの高いものでした。

ショツィブラックハートは、いい選手です。

大体、女子選手見るときは、女子っぽい動きをしないか、で判断するのですが、そういうところがないですね・・・ブラックハート。

かなり洗練された動きをします。

なので、本試合は実質的に、ショツィブラックハートのプッシュ戦だったと言えるでしょう。

最後は、紫雷イオが、ムーンサルト→フォールで勝ったのですが・・・

上掲画像の通り、右ヒザをまた痛がっています。

これ、去年故障した箇所なんですよね・・・

武藤敬司で有名な通り(小橋建太も然り)、ムーンサルトは、ヒザへの負担が大です。

それ知り始めると、もう紫雷イオにムーンサルトやってほしくないのですが(実際、原宿クラッチなどサブミッションへの移行は始められている)・・・

やはり、ギミックというか選手そのものがハイフライヤーなので、ムーンサルトは最後のシメに欠かせません。

で、ヒザに負担がかかる。

紫雷イオの場合、ムーンサルトのみならず、場外へのダイブとか、かなりしますので、その際、着地での足への負担が尋常でないとおもいます。


・バトルロイヤル


影の実力者ラケルゴンザレスっぽいが・・・
紫雷イオとバランス取れないだろ・・・。

そんな満身創痍のイオさんをよそに、WWEは、まだまだハイプを続けます。

来週、紫雷イオへの王座挑戦を賭けてバトルロイヤルだそうです。

結構、上掲画像で、紫雷イオとの対戦済んでいるメンツは多いので・・・

今回は、ラケルゴンザレスあたりがくるとおもいます。

ただ、そうすると、やっぱり身長差でアンバランスな試合になってしまうので・・・

そこが頭痛いところでしょうね。

対戦相手としては、因縁のキャンディスレラエがベストなんでしょうが・・・

そんな風におもっています。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m