ニュースを先に(コロナ, ラウジー)

この記事あたりの話のつづき)

こんにちは、ヤマガタです。

FOX移籍後、最下位の視聴者数を叩き出したSmackDown、そこで行われたカブキウォーリアーズのリマッチは、明日にでも記事化したいとおもいます。

参考: WWE SMACKDOWN DRAWS LOWEST OVERNIGHT RATINGS FOR FOX EPISODE

2,304,000人だったということですが、本サイトの分析でもアベレージ23万人という見積もりですから、視聴者数が大幅下落した、ということにはなりません。


・ロンダラウジーがやらかす。


以前から言葉づかいが汚くて、私自身、嫌いだったロンダラウジーですが、WWEに復帰するとか、しないとかの、この時期、失言したようです。

ようするに、WWEを、ドナルド・トランプよろしく、フェイクファイト(嘘っぱちの試合)と言ってしまったんですね。

参考:Ronda Rousey Responds Again To Backlash About Her “Fake Fights For Fun” Comment

参考:Ronda Rousey Reacts To Backlash About Her “Fake Fights For Fun” Comment

上掲ソース(参考)ですが、ともに、ちょっといま実験的に重点をおいているWrestlingInc.です。

YouTube挿入がウザいかな。

それは、さておき・・・。

フェイクファイトは、いかんですね。

まあ、実際そうなんですけど、そのためにスポーツエンターテイメントって言葉があるのですから・・・

・・・そこら辺ですよね。

こういう頭の悪さは、みていて気持ちのよいものではありません。

ロンダラウジーは、いらないよ。

WWE女子部門、採算とれていないし、ラウジー、プロレスできないし、シェイナバズラーにあの手のギミックは任せておけばいいんですよ。


・コロナウイルス


もう他のメディアで記事読んだかたが多いとおもいますが、RAW収録参加者で、コロナウイルス感染者が判明したみたいです。

これがどういうことかというと、下手すりゃ、もう完全にWWEの番組制作できなくなる、というところに話がつながり得ない、ということです。

つまり、そのコロナ感染者から、芋づる式に、ほかの選手も感染の疑いがかけられ・・・パフォーマンスセンターが第二の武漢華南海鮮卸売市場になりかねない(そりゃいいすぎ)

だから、各メディアが大々的にとりあげているわけです。

参考:WWE Confirms Positive COVID-19 Test (Updated)

参考:WWE ON-SCREEN TALENT TESTS POSITIVE FOR COVID-19, FULLY RECOVERS

この件にかんして押さえておくべきなのは以下の点です。

① WWEは、コロナっぽかったら収録などに来るなよ!とクチを酸っぱくして言ってた。→下手すりゃ、この感染者は解雇。

② ただ、感染者は現在回腹しているらしい。

③ 誰かは非公表。メインロースターではないらしい。(そこプロレスメディアがんばって暴けよ!)

そんな感じです。

・・・なんか、今後の記事で重要そうになりそうなニュースなので、まとめさせていただきました。

つまらなかったらゴメンナサイ。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m